2017.06.04

「SNSなんてやってるんなら、カット練習しろよ」

比較というのは同じ次元のものだから成立する



タイトルの言葉は、
私が大好きな美容師さんがおっしゃった言葉です。


はい、おっしゃる通りです反論のしようがありません。

人物アイコン
わたし



「私と仕事とどっちが大事なの?」




過去、3回、私が女性から別れ際に言われた言葉です。


はい、おっしゃる通りです反論のしようがありません。

人物アイコン
わたし





大事なあなたと幸せな生活を送るために、
大事な仕事をしています。


もちろん、バランスが悪すぎたのは反省点です。。。


練習したカットを多くの人に感じてもらうためにSNSをやってます。



もちろん、バランスは大事です。






こういう絶対的に違う領域のことを比較すること難しさ。


いずれにしても、
行動する時の目的をいつも共有しあい、
共感しあっておくという素地が大切なんですね。


それがデジタル時代にすべきスタンスなのかもしれません。





この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。