2017.06.13

「大人気ブロガーがSNSから姿を消した理由を告白、彼女が見たモノとは~石渡流SNSで失敗しない3条件」

SNSで大事なのは踊らされないこと



偽りの生活は心を痛めていく


最近、こんな記事を見ました。

アメリカの超人気ビューティブロガーが忽然と姿を消して1年。
彼女は“美しく見せる生活”に疲れはてて、ソーシャルデトックスをする必要に迫られてしまった、と。

ソーシャルメディア上で公開されていた私のライフスタイルは、写真写りが良くなるようにつくられたものだったの。それは、私が思い描いていた理想の生活をイメージしたものであって、実際の私の生活とは違うものだった







ここまで著名にならなくても、SNSで、他人にどう見られているか、第三者から「いいね!」って認められたい。


いわゆる“承認欲求欲”に駆られてしまい、偽りの自分像を造り上げてしまうことがあります。
「今日も予約、たくさん、ありがとうございます♪」

とツイートしたものの、お店の前を通ったらガラガラだった、、、

認められたい嘘は心を削る



私はSNSにおいて大切なのは、

“嘘をつかないこと”

だと思ってます。

これは日常の生活と同じです。

いつもと同じことをしていればいい。いや、より素直でいていいんだと思います。


批判はどんな場面でも起こるもの



また承認欲求だけでなく、“批判”を恐れることもあります。

名前も顔もわからない人が、SNS上ではまっすぐに批判してくることがあります。

これが怖いと言う人も多いです。
そんなときは、


「暇な第三者」


くらいに思っておけばいいのです。


逆に誰かに突っ込みたくなる自分だってどこかにいると思います。誰の心にも、批判しちゃう素地はあるんです。

批判されたら、「なるほどね」ってくらいの感覚でいいんだと思います。

誰かを批判している言葉を見ている人の気持ちもよくないもの。


自分のことを批判してくる人がいたら、その人は気分の悪い人と認識されているはずです。


切ない、なぁと思っておきましょう。

SNSで失敗しない3ヶ条



私はSNSをするときの心得として次のことを伝えています。



「嘘をつかない

かっこつけない

傷つけない」



この3条件を守っていれば、楽しいSNSライフが送れるのではないでしょうか。



この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。