2017.06.26

「退職も数字未達も、根源は日々の小さな評価基準にあるのでは?」



評価基準は従業員のなかで”絶対”になりやすい



本当は数字以外で評価されたいと思っている




小さな成功体験が日々のモチベーションキープに役立つ、という記事を書きました。



もうひとつ重要だと思っているのは、評価基準です。


とある経営者から


「どんな数字で評価してあげるのが良いか?」


と問われたことがあります。


その経営者は数字に対してしっかり評価して、給料などの査定に組み込みたいとのこと。

従業員にとってはとても素晴らしい経営者だと思います。


ただ今の時代、それだけでは不十分だと思います。


数値だけの評価・査定が不十分なのは、なぜか?




昔と違って努力すればすぐに結果が出る時代じゃないからです。



SNSに挫折する人が多いのはすぐに結果が出ないから。
その反面、継続的に不断の努力をした人には大きなベネフィットが生まれる。


努力させるためには、どうするべきか?




日頃の行動の評価をちゃんと組み込むことです。
小さな目標値をクリアできていなかったとしても、すべき行動をしているのであれば、そこは認める。


もし何がずれているのであれば、そっと軌道修正してあげる。

この気遣いが大事なのだと思います。


ですので、私が支援しているサロンでは、日々の数値報告だけでなく、何をして、どうなったのか、まで報告してもらっています。



そしてそこは認めて、評価する。






これは当然のことで、

例えばプロスポーツの世界でも、野球のセットアッパーは勝敗が数字に出なくても、結果に大きく貢献する場合が多い。
そこを評価しなかったら、ポジションとして成立しません。


ここを面倒に思ってしまうことで、業務への動機が下がります。

心の退職者たちは何を負担に感じていたのか?




さらに言えば、数字だけで評価してしまうことで、心への負担が大きくなります。


終礼や会議の場で、



「なんで数字があがらないんだ??」



みたいなことを繰り返すことで、心的負担はどんどん大きくなります。


小さな行動でも認めてもらえていれば、長い時間、働こうが気にならなくなるのではないでしょうか。


数字を出すための長時間労働と行動を認められた長時間労働では、天と地の差。


もし「意味不明な退職」が続くようであれば、ここも気をつけてみてください。





この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。