2017.06.28

「売上が低迷しているのは、万人ウケを狙っているから。」


想定顧客を絞ることがビジネス戦略の基本



クラフトビールはお客様を選ぶ



クラフトビールの記事を読んでいました。
国内クラフトビール最大手のヤッホーブルーイングの井出社長の記事です。


今、国内のビール市場は低迷しているそうです。
そんななかクラフトビールは売上を伸ばしているそうです。



特にヤッホーで長年売れているのは

「よなよなエール」

というクラフトビール。


1997年の発売以来、今でも収益の柱だそうです。

ターゲットを絞れば、商品コンセプトも絞れる



この商品は親会社である「星野リゾート」の星野代表が開発したそうです。
(てか、親会社が星野リゾートとは知らなかった!!!)



メインターゲットは、
「知的な変わり者」の40代男性


コンセプトは、
夜、ゆっくりエールビールを飲んで欲しい


味は、
柑橘類を思わせるホップの香り


だそうです。


「知的な変わり者」の40代男性!!

かなり、絞りました。



またヤッホーに「水曜日のネコ」という商品があります。
こちらは、

「東京でバリバリ働いている30歳前後のOL」

にターゲットを絞ったそうです。

万人受けする商品はなくなった



今の時代、誰にでもウケる商品はありません。
ですので、マーケティング的に考えれば、ペルソナを設定して、ニッチなラインで戦略を考えるのは自然なこととなっています。



しかし、この戦略を20年前にはじめていたとは驚きです。


この考え方を美容室業に当てはめたらどうなるでしょうか?

美容室で顧客を絞れない、のはウソ



美容室がシャンプーなどの商品をオリジナルで開発するのは難しいです。
であれば、美容室が開発できるものはなにか。


例えば、カット、例えば、カラー、例えば、パーマ…
ヘッドスパ、トリートメント…


具体的な技術についてはわかりませんが、


「東京でバリバリ働いている30歳前後のOL」


に向けたサービスは何かないか?

既存の技術があれば、それをターゲットに向けて「カスタマイズ」することでアレンジメントできるのではないでしょうか?

カスタマイズするのは技術者の技術力



事前情報もなく来店されるお客様に個別対応するよりも、ターゲットをしぼった人たちにアプローチすることで、こちらの意図を伝えやすくなる。


これは現代マーケティング手法の大きなポイントになっています。


技術があるのであれば、ターゲットを絞って、メニューをカスタマイズする。


この考え方によってニッチなお客様の心を確実につかみ、地元ビジネスからエリアビジネス、つまり地元のお客様だけでなく、周辺の地域からの集客へと販促範囲を広げて、新しい出会いを増やすチャンスがつかめるかもしれません。





この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。