「美歴アナリティクス」で、3ヶ月以内の再来状況がわかりやすくなりました。

店舗管理サービス利用サロン様向けの分析ツール


「美歴 店舗管理サービス」利用されているサロン様には、管理画面からアクセスできる「美歴アナリティクス」という美歴データ分析ツールを提供しています。

詳しい内容はこちらから
「自店舗の美歴活用状況がわかるサイト(美歴店舗管理サービス利用者向け)の紹介」


所属スタッフが作成したカルテデータをもとに、毎月のカルテ数やメニュー比率、お客様のカルテ受け取り数などが確認できます。



3ヶ月以内の再来率、お客様別の再来状況を確認できるページを新規に作成しました。


例えば、3ヶ月前に来店していただいたお客様がその後、再来していただけたのか、ということがすぐに確認できるようになりました。


左メニューの「再来状況」を選択すると



このように、今月(2017年7月)から計算して3ヶ月前(2017年4月)に来店した、つまり美歴でカルテが作成されたお客様のその後の来店状況が確認できます。



画面上部には、3ヶ月前に来店したお客様の数と、そのお客様のうち翌月以内、2ヶ月後以内、3ヶ月後以内に再来店したお客様の数と割合を表示しています。

ここには、同じ法人内の他店舗(グループ店舗)に来店した場合も、”再来した”とみなしてカウントしています。



なお、日付の左右に表示されている「前月」・「次月」リンクをクリックすると、年月の移動ができます。


画面中央下には、来店したお客様の一覧が表示されます。



ここでは、計算基準月(今回の例では、2017年4月)から3ヶ月以内の来店日がわかります。赤字の日付は自店舗で、グレーの日付はグループ内他店舗でカルテが作成されたことを示しています。

また、3ヶ月以内に再来しているお客様には「○」印が表示されます。


美歴カルテデータをもとに、全体の数字とお客様一人一人の個別の状況を見ながら、課題の発見と対策に活用してください。