2017.07.26

「美容室はキャッシュレス、ペーパレス、タイムレスに対応できるか?」



”レス化”はハイパフォーマンスへの第一歩



あらゆる業種が対応をはじめている



今日(7月26日)から、

ビックカメラ全38店舗にて、

ビットコインによる決済サービスが始まります。


さらにグループである、

コジマ、ソフマップなどの、

合計59店舗でも対応が始まります。



またマクドナルドも、

7月25日から、

交通系電子マネーに対応を開始しました。


ビットコインに関しては、

圧倒的に中国系の

インバウンド対応なのは明確です。



あらゆる業種が、
(集客を見込んでの)

キャッシュレス化を進めています。






”レス化”は連動して効率化が図れる



”カネ”を排していくことで、
物理的にかかるスペースや運搬、
計算などのコストが激減できます。



またビットコインに関しては、
手数料が既存のカードより安い。
など様々なメリットが考えられます。


数年前から、

領収書が紙からデータへ移行する流れがあります。


これは大きなペーパレス化です。



ビットコインや領収書のデータ化には、

国も対応し始めています。


これらの動きが進めば、
無駄な時間を減らして、
効率化できるので、
かなりのタイムレス化が図れます。



しかし、この3つの”レス化”には、

それなりのリテラシーが求められます。



「俺はデジタル苦手だから」



って言ってられません。


時代に取り残される感覚



知識と行動力が、
先手、先手の戦略に繋がり、
次々と現れる戦術を生かし、
美容室業の発展に寄与できる。



この流れは今後、もっと強くなっていくでしょう。












この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。