2017.08.04

「社長みたいにモチベーションは高くありません。」



多くの人はモチベーションを高められない



無理にモチベーションをあげても続かない



何かの記事を見ていて、



「経営者や起業家は無尽蔵にモチベーションが湧き出てきます。しかし、多くの人はそんなことはありません」



なんて書いてありました。


確かに私もかつては経営者で今は事業を推進する立場で、モチベーションは勝手に湧き出てきます。



お手伝いしているサロンの経営者から、


「スタッフのモチベーションをあげて欲しい」


と言われることが多いのですが、
一般的な人のモチベーションを高めることは簡単ではありません。



仕事を遂行する上でモチベーションというのはとても大事な要素です。


瞬間的にしか高まらない



過去の経験上、経営者が大きな夢やビジョンを語っても、瞬間的にはモチベーションは高まりますが、それだけで継続されることは少ないと思います。



では仕事を継続的に”それなり”のレベルで継続してもらうにはどうすればいいのでしょうか。


モチベーションは”それなり”あれば十分



私が考えるに、小さな目標をいくつも設定することだと思っています。



目標というと高く感じますが、クリアできるレベルでの設定が必要です。


毎日、小さな目標を設定し、クリアできたか、できなかったかをしっかり振り返る。


振り返ることが次の小さなモチベーションへ



そして週、月単位で、時間をかけて思い返してみる。
省みて、何ができなかった要素か、できた要因かを検討してみる。



この繰り返しで、少しずつ上昇曲線に乗せていくのが良いのかな、と思っています。



もちろん、そこには経営者が語る大きなビジョンが必要になります。

その夢やビジョンがないと、小さな目標も作ることはできません。


大きなゴールと小さな通過地点の設定



未来のゴールに向けて、いきなりモチベーションを設定するのではなくて、日々の小さな通過地点をクリアすることで、モチベーション(動機)を持ってもらうこと。



多くの人の場合、その設定をしてあげることが仕事を継続的に上昇させていくために必要なのだと思っています。













この記事を書いた人
石渡武臣

美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。