美歴カルテ作成の「前回カルテ参照」の”顧客属性”は自動で来店回数を判定します。

美歴のカルテ作成における「前回カルテ参照」機能

美歴によるカルテ作成を効率化させる機能として、「前回カルテ参照」があります。

すでにご利用の方もいらっしゃると思いますが、毎回同じような施術をされるお客様の場合、一から施術内容を記録するのは手間です。
そんな時に、




上記の「前回カルテ参照」ボタンから、以前のカルテ内容をコピー・反映することができます。非常に効率的です。

この「前回カルテ参照」で引き継げる項目は以下となります。

  • ショップ

  • 施術メニュー

  • レングス

  • 施術内容
  • 顧客属性
  • 施術料金

  • 施術料金割引金額

  • 店販売上

  • 店販割引金額

  • 施術記録

  • 社内共有


参照するカルテは、これまで作成したカルテ全ての中から選択することができます。



また、ご自身が作成したカルテだけでなく、同じ店舗の他のスタッフが作成したカルテも参照できます。
フリーのお客様などの対応には便利です。


顧客属性は自動で回数を判定し、反映します

参照対象の項目の一つ「顧客属性」は、お客様の来店回数を登録できる項目です。

「前回カルテ参照」を活用した場合、この項目については、自動で次の回数に反映されます。

例えば、下記のように前回のカルテが「2回目」であれば、



前回カルテ参照から新たに作成したカルテには、下記のように




「3回目」に自動で変更されます。
なお、前回のカルテに「VIP」または「4回目以降」が選択されていた場合は変更せずにそのまま反映されます。