美歴でお客様をダブって登録してしまった時の対処法

お客様リストに同じお客様が2つあるケース

美歴は、登録されているデータ(人)を特定する方法として、「携帯番号」情報を利用しています。

そのため、仮にスタイリストさんが自分のお客様を間違えて2回登録してしまったとしても、
携帯番号が一致していれば、一人の人としてシステムが認識し、データが統合されます。

逆に、同じお客様なのだけれど、片方は携帯番号を登録、もう片方は携帯番号を入れなかったとした場合、別の人としてシステムが認識します。

その場合、↓このように、





お客様リスト上、2つ表示されてしまうことになります。


データを統合するために


上述した通り、「携帯番号」情報がユーザーを特定するデータになります。

なので、仮に、片方は”携帯番号あり”、もう片方が”携帯番号なし”で登録している場合は、”携帯番号なし”のデータに携帯番号を追加してあげることで、データが統合されることになります。

携帯番号を追加したい方のお客様詳細画面から「編集」を選択し、編集画面にアクセスします。





携帯番号を追記し、保存すると、





このように、データをシステムが統合したことを知らせてくれます。

実際に、お客様リストを見てみると、




1つに統合されたことがわかります。


これは、スタイリストさん側が登録したお客様の携帯番号情報と、お客様自身が美歴アプリインストール時に登録した携帯番号情報が違っていた場合にも適用される仕組みです。


※詳しくは↓こちらの記事に記載しています

「お客様に美歴をインストールしていただき、スタイリスト側からもお客様登録したけどつながらない!?」