展開図やデザインのメモなどを美歴で残すにはどうしたら良い?

紙カルテの良さ

美歴のような「電子カルテ」は「紙カルテ」と比較した場合に様々なメリットがありますが、「紙」の良さも当然あると思います。


「慣れ」もあるかもしれませんが、例えば、デザイン、展開図など、「絵」や「図」を書く場合、まだまだ紙の方が効率良く書けるという点があるかもしれません。

スマホやタブレットでは画面にペン書きができるものもありますが、紙と比較すると、細かく書き込むにはまだまだ十分に活用しきれないのが現状です。

最近では、美歴アプリはおかげさまでヘアサロンだけではなく、アイラッシュサロンでの活用も広がっています。
アイラッシュサロン様では、紙カルテにデザインを図で記していることが多く、電子化を検討する際にこの点が障壁になり、美歴を知るまで、電子カルテ化できないサロン様も多くいらっしゃいました。

紙に書いた情報を美歴アプリに保存する

そのような中、美歴が紙カルテに変わるツールとして活用していただけるようになっている機能の一つに、「画像メモ」というものがあります。


これはその名の通り、「紙に書いた”メモ”を写メって保存できますよ」という機能です。

美歴は、「カルテをお客様と共有できる」ことが最大の特徴ですが、「画像メモ」に保存した写真については、お客様とカルテ共有したとしても、お客様には閲覧できない部分になります。
なので、メモ書きしたものなどを自由に保存してOKです。

よくある活用シーンは、

・使用薬剤のメモ書きを写メる
・紙に書いた展開図、デザインを写メる

というもの。

一度美歴に保存してしまえば、メモ書きは不要になりますので、廃棄なり、再利用なりしていただくことができます。


使い方の流れは下記の通りです。


カルテ作成画面内にある画像メモの枠をタップすると




↓このように、その場でカメラ撮影するか、撮影済みの写真からアップロードするかを選択できます(画面はiPhoneです)。




「カメラ」を選択すれば、その場で、メモ書きを撮影するだけです。




他の必要な項目を入力し、保存すれば完了です。


作成済みのカルテで画像メモを見てみると、↓このように保存されている画像を確認できます。




画像をタップすると、写真全体を確認できます。




画像メモにアップした写真は、高解像度で保存されているので、↓このようにピンチイン(画像を拡大表示)した場合でも、はっきりと確認できます。




これであれば、細かいメモ書きなどもしっかりと確認できます。


「紙の良さ」と「デジタルの良さ」を融合することで、今以上に効率的なデータ管理ができますので、ぜひ「画像メモ」機能、ご活用ください。