2018.01.23

『仮説なんておもいつかない人に提案したい唯一の方法』だってさ。

|世の中は仮説の積み重ね

以前のブログにて、

世の中はすべて仮説だ

ってことを書いた。

私がお手伝いをしている美容室、

もしくは飲んでいる美容師さんと

話していると、

「その仮説が思いつかない」

と言われることがある。

|仮説は正解じゃなく妄想の結果

お客様のために、

再来してもらうために、

新規で来店して頂くために、、

意識を高めないといけない、

それはわかっている。

じゃ、具体的に何をすればいいのか。

そのための行動が具体的に思いつかない。

だから、仮説なんて考えつかない、と。

たしかに仮説という言葉は、

言うのは簡単だけど、

仮説を設定するのは難しい。

そんなとき、どうすればいいのか?

|仮説は疑問に対するひとつの回答

一つの方法として、

私が提案しているのが、

「なんで?」

と思うことだ。

なんでお客様は再来するのか?

なんでこのお店を選ぶのか?

なんでこの商品を買ってくれるのか?

「なんで?」

のあとに、

「こうだから?」

と色々な仮定を考えてみる。

それは必ずしも正解じゃなくていい。

確実な答えじゃなくていい。

だって、

それが”仮説”だから。

|仮説についてはとやかく言わない

こうやっていくことで、仮説を見つけることができるはずだ。

そして、

その仮説を実行してみる。

検証して、

仮説を立て直す。

最初から完璧にできるわけじゃない。

だからこそ、

色々な仮説をたてて、

実行して、検証するの繰り返し。

この繰り返しができた人こそ、

自分だけの正解を見つけることができるはずだ。

電子カルテアプリシステム「美歴」

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。