2018.02.01

『3ヶ月再来率って何の意味があるんだろうとふと思う』って。

|みんなが言う指標なんてどんだけ正しいか

 

よく美容室の経営指標として、

3ヶ月再来率をあげろ、って言われる。

 

 

この指標の意味を考えたい。

 

POSにはそういう数値分析が、

あるのだろう。

うちの美歴にもある。

 

さて、

私は毎月、美容室へ行くが、

私の数値はなんと表示されるのか。

 

 

|なんでみんな同じ再来期間なんだ

 

これは美容師ではない、

私の勝手な意見なのだが、

 

髪の毛が伸びる早さ、

カラーの落ち具合、

デザインの変わり方……

 

そのときどきの

ヘアデザインによって、

次の来店時期が

変わってくるのではないだろうか。

 

 

となると、

ひとりひとりについて、

再来の時機は違うはずだ。

 

 

|感覚だけで仕事をすると何も見えない

 

 

これを感覚でできる美容師さんは、きっと売上が高いのだろう。しかし多くの美容師さんはそうではないはずだ。

 

そうであるなら、

 

ひとりひとりのお客様の分析をいかにできるか。

 

ここが重要になる。

 

 

このお客様は1ヶ月、

いや、1ヶ月後の00月00日、

そのとき、

どんなスタイルやケアをするのがベストか。

 

 

|人による予測は感覚でいい

 

そのくらいの予測ができなければ、

技術者とは言えない。

 

そしてAIには勝てない。

 

 

そのことをお客様と共有し、

理解してもらい、

ちゃんと正しいタイミングで、

また来店して頂くこと。

中途半端に分析に頼ることで、

人間の存在意義を、

自ら低減させることになる。

 

そうならないためにも、

分析の重要性が叫ばれている。

 

↓最新の電子カルテはこちら!↓

美歴の機能について!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。