2018.02.27

『顧客管理ができてる美容室ってありますか??』なんてね。

 

 

|顧客管理はデータ管理ではない

 

美容室でいうところの

 

”顧客管理”

 

とはどんなことがあるか。

 

 

年齢?

客単価?

来店サイクル?

店販履歴?

 

 

私はそれらを

顧客管理だとは思えない。

 

顧客管理というのは、

そのお客さんに対する

戦略的なアプローチだと思う。

 

 

 

|顧客のニーズを紐解くことが管理

 

 

何を望んでいて、

何を喜んでくれて、

どんなライフサイクルで、

今、どんな状態なのか。

 

 

そこを分析して、

予測して、サービスに組み込む。

 

 

手持ちの商品やサービスを、

売りつけるのではなく、

相手が望んでいるもの、ことを

的確に提供する。

 

 

 

|喜ばれない顧客管理はありえない

 

 

このスタンスこそが、

顧客管理であって、

数字の分析は、

それ以前の段階にすぎない。

 

 

数字以外に、

施術者が感じた印象や、

肌の具合、

生活での悩みや望み、

それらを見聞きして、

書き込むカルテ管理こそ、

戦略的な顧客管理だと思う。

 

 

 

ええ、そのきっかけに美歴をどうぞ。

 

 

最新の電子カルテはこちら!

 

 

美歴の機能について!

 

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。