2018.03.03

『3ヶ月再来率なんて大事じゃない』って??

 

|数値指標としては大事かもしれないけど

 

POSなどの

数値評価のなかで、

 

3ヶ月再来(率)をあげていこう

 

というものがある。

 

 

これについては、

私はずっと疑問に思っている。

 

もちろん、

新規で来店して頂いた方が

再度、訪れてくれるのは、

とてもありがたいことだ。

 

 

また一定期間のうちに、

再来して頂くのも、

きっと気に入ってくれたり、

贔屓にして頂いたいる証拠だ。

 

|3ヶ月って何か理由があるのかな?

 

サロンの売上にとって、

とても大事な要素だと思う。

 

しかし、

それを3ヶ月と設定する

その意義はあまり感じない。

 

 

その日した施術によって、

次回、来店すべき日は

変わってくるはずだ。

 

 

このカラーなら1ヶ月、

このカットなら3ヶ月、

スパなら毎月、などなど。

 

ちなみに私は

毎月カットしている。

 

 

ま、もちろん、

3ヶ月再来率というのは、

定期的にお客様が

来店して頂いていて、

失客していないかを

測定する数値にすぎない、

のだとは思うが。

 

|そこにこだわる理由がわかっているのか?

 

この数字をあげようとして、

DMを送ったり、

一喜一憂する意味はない。

 

それよりも、

来店サイクルが維持されているか、

そのほうが大事だと思う。

 

 

もしくは、

担当美容師さんの意図しているスケジュール通りに来店されているか、をチェックする方が大事だ。

 

そのサイクルをお客様に認識してもらい、

覚えておいて頂き、

ちゃんと来て頂く。

その措置の方が、

経営層にとっては、

数字を見やすいはずだ。

 

|サイクルを知ってもらうことの重要性

 

つまり、

3ヶ月再来率というのは、

とてもざっくりしていて、

もっと詳細に、

ひとり一人のお客様と向き合い、

コンサルティングしないと、

安定した数字と、

安定した美は提供できないのだと思う。

 

 

それを管理できる機能が

 

美歴

 

にはある。

 

おっと、いきなり宣伝。

 

 

毎回のカルテごとに、

次回のオススメ来店日が設定でき、

その日を教えてくれる。

 

 

美歴の機能について!

 

 

|美について責任を追うなら管理を

 

お客様の美について、

しっかりと責任を持つのであれば、

このくらいの管理は

しておかないといけないと思う。

 

 

 

キャンペーンとか、

予約が空いてますとか、

割引も大事だけど、

相手にとって必要なタイミングで、

しっかり提案することが、

今、簡単にできるので、

ビューティコンサルタントとして、

提案すべきなのだと思う。

 

 

最新の電子カルテはこちら!

 

 

 

美歴の機能について!

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。