2018.03.12

『ふたりの意見が対立したとき、経営者の判断基準は”理想”であるべき』

最新の電子カルテはこちら!

 

美歴の機能について!

 

 

 

 

|けっこう場当たり的な判断をしてしまうもの

 

先日、経営者のみなさんと

会食していて、

 

 

「判断基準は何にする?」

 

 

という話題になった。

 

現場に近いとき、

その目の前のことに

判断基準を合わせることが多い。

 

 

これが起きたから、

こうして対処しよう、と。

 

すると、

Aが立てば、

Bがひっこむ

みたいなことが起こる。

 

 

|だって、偉くても人間なんだもん

 

もめているAさんとBさんがいたとき、

真面目なAさんを応援したくなる。

 

それが人情というものだ。

 

しかし、

あとあとBさんがごちゃごちゃ言ってくる。

 

そしてふたりの問題は解決しない。

私にもそういう経験は多い。

 

このとき、

何を基準に判断すべきなのだろうか。

 

 

 

|意外と小説にもヒントは隠れていた!

 

 

正直にいうと、

ある小説を読んでいたとき、

そのヒントになる台詞があった。

 

 

「現場は、そのときそのとき、

目の前の事象で判断している。

しかし、管理者は理想を判断基準にすべきだ」

 

 

と。

 

今、目の前で起こっていることを、

 

そのときの状態で判断するのではなく、未来的な理想にいかに近づけるか

 

という点を基準にして判断するというのだ。

 

 

 

|原理原則って大事ね、難しいけど

 

なるほど。

そう考えたら、

色々なことがすっきりした気がした。

 

 

 

本音と建前

という言葉がある。

 

 

 

一般的には、

建前が悪いことで、

本音が正しい、

と解釈されることが多い。

 

 

しかし、

 

建前とは

「こうあるべき」

 

ということであって、

それは正論とも言える。

つまり、建前は正しいのだ。

 

 

 

|建前はいつも正論のことを言う

 

 

本音と建前があるということは、

表裏があるということ、

言い換えれば嘘があるということ。

 

また本音とは、

感情や欲求を含む価値観なので、

とても主観的になりやすい。

 

主観的に判断すると、

必ず誰かの主観とぶつかる。

 

それでは正確な判断はできないはずだ。

「理想論なんて建前だ」

と言われるのであれば、

やはり判断の基準は、

建前でいくべきなのではないだろうか。

 

 

 

|理想論をそのままぶつけないこと

 

 

ふたりの違う主観があれば、

どっちの意見を、

もしかしたら、

方法論でどっちの意見も、

理想に向かわせることができるかもしれない。

 

ただし、

気をつけないといけないのは、

理想を押し付けて、

無理難題を通すことだろう。

 

ABとどっちが理想に近いのか、

その判断基準であって、

理想のための高レベルな行動をさせるということではない。

 

管理者は、

このことに注意して、

理想を判断基準においておくべきなんだと思った。

 

 

最新の電子カルテはこちら!

 

 

美歴の機能について!

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。