『実店舗ビジネスは”メイン+α”で滞在時間を長するべき』って聞いたことがあります。

最新の電子カルテはこちら!

 

 

美歴の機能について!

 

 

 

|集客を増やせない時代だから

 

 

実店舗ビジネスは

 

体験型になっている

 

 

そんな話をよく聞く。

 

 

 

ファッション+音楽

 

買い物+食

 

 

これは、

 

いかに滞在時間を長くするか

 

 

と言う試みだ。

 

 

 

滞在時間が長くなれば、

 

当然ながら客単価は

 

変わってくる。

 

 

 

 

 

|ジャンルを変えて意識をフラットに

 

 

 

しかし、

 

ひとつのジャンルで

 

長時間滞在されても、

 

単価には影響しない。

 

 

 

だからこそ、

 

違うジャンルのサービスを

 

色々と提供することで、

 

長時間滞在を狙うのだ。

 

 

 

長い時間滞在してもらうと、

 

自然とエンゲージメントが高まる。

 

 

 

 

|長時間の関係性構築で意識の変化を

 

 

 

私は買い物や目的を終えたら、

 

すぐに出たいタイプだが、、、

 

 

 

例えば、

 

カフェに入ったら、

 

書店があって、本を買って、

 

さらにお茶したり、

 

お腹が空いたら食事して、

 

仕事してても怒られない

(嫌な顔をされないww

 

 

 

ってなったら、長時間滞在する。

 

 

 

カフェオレ

書籍

ブランチ

カフェオレ

 

 

時間に対する客単価の計算をしておかないといけないが、おそらく時間に対して単価は倍くらいになっているだろう。

 

 

そして

 

 

 

この空間はいいなぁ

 

 

 

と思うので、

 

また来店してしまうだろう。

 

 

 

 

|客単価は相場以上にあがらない

 

 

お客様の数を倍にするのは

 

なかなか難しいことだ。

 

 

 

であれば、客単価をあげること。

 

 

しかし、

 

同一時間であげるのは難しいので、

 

長時間滞在であげること

 

 

これはひとつのアイデアだと思う。

 

 

 

では「美容+α」って何か考えられないだろうか。

 

 

 

 

|美容+美容からの変化、脱却

 

 

最近、私がもっとも驚いたのは、

 

 

大阪のヘッドスパ専門店「colon」さんが出した2店舗目、

 

 

nedoco

 

 

だ。

 

http://nedoco-bycolon.com/

 

 

 

泊まれるヘッドスパサロン

 

という触れ込みだ。

 

 

究極の長時間滞在は泊まるということ。

(もっと言えば住むになるんだろうが)

 

 

その点ではこのnedocoは素晴らしい。

 

 

長い時間いることで、

 

そのブランドに対するエンゲージメントは高まる。

 

 

 

 

|複合サービスになると金銭容量が増える??

 

 

料金を見たら、

 

ヘッドスパ単体なら、

 

ちょっとお高め?

 

と感じる人もいるだろうが、

 

不思議なもので

 

宿泊となるとそうも感じない

(個人的な主観だが)。

 

 

これまで美容室業界では

 

トータルビューティといって、

 

「美容+美容」という流れを

 

組んできた。

 

 

これで成功しているサロンも多い。

 

また美容室の場合、

 

スペースの課題も見逃せない。

 

 

 

セット面にシャンプー台、

 

個室、バックヤードなどを考えると

 

相当に広いスペース(もしくは建物)を

 

用意しないといけない。

 

 

とはいえ、

 

それらをこれまでと同じように

 

「できない理由」にしていたら、

 

何もはじまらないのは確かだ。

 

地域にもよってしまうが

(地価、家賃などのランニングコスト)、

 

美容+αの考え方は、あり、だと思う。

 

 

 

 

|課題をクリアできる方法を考えないと

 

 

北海道の某サロンは

 

ビル1棟でビジネスをしている。

 

 

美容室、カフェ、託児所、

 

ヨガなどが入居していて、

 

それらを行き来することができる。

 

 

まる1日、

 

そのビルで過ごすことが

 

できるようになっている。

 

 

オーナー自身も言っていたが、

 

土地や賃料が安く、

 

人材を確保しやすいのが

 

大きなポイントであることは間違いない。

 

 

であれば、

 

nedocoさんのように、

 

近隣の施設などと連携することもありだろう。

 

 

 

|場所が変わると金銭意識が変わってしまう

 

 

しかし、

 

考えないといけないのは、

 

店舗間の移動は

 

滞在にはならないということだ。

 

 

同じ場所にあるからこそ、

 

客単価は高まっていく。

 

 

それらをひとつの経営体

 

運営することが大事だと思う。

 

 

美容室の滞在時間を短くしたい、

 

という消費者のトレンドがある以上、

 

 

技術を高めて滞在時間を短くしたい

 

という発想の人は多いと思う。

 

 

その考え自体は間違っていないだろう。

 

 

なので、

 

 

美容+αで違う目線から

 

滞在時間を長くしていくというのは

 

ひとつの経営戦略として

 

検討の余地があると思う。

 

 

 

最新の電子カルテはこちら!

 

 

 

美歴の機能について!