2016.07.08

お客様が美容師さんから欲しい情報って? 美歴カルテで分析してみた。

美歴が、お客様との信頼を深めるカルテアプリとして力を発揮するために用意している機能の一つが、「カルテの共有」です。

大切なお客様のために美容師さんが作成したカルテを、美歴アプリを通じて共有することで、美容室に来ていない間でも信頼を深めることができます。

美歴をお使いの美容師さんからは、「どんな内容を記載すれば、お客様がカルテを受け取ってくれるのか?」 というご質問をいただくことがよくあります。

気になりますねー。

受け取られるカルテに多く登場するキーワード(単語)を機械的に抽出して分析してみた

登場頻度の高い単語は、、、

「次回」

「くしゃっ」

「スタイリング」

「ワックス」

「乾かして」

「短く」

といったあたりです。

単語をグルーピングしてみると

・次回の提案:「次回」、「短く」

・スタイリングのポイント:「くしゃっ」、「スタイリング」、「ワックス」、「乾かして」

といった形で分けられそうです。

お客様が美容師さんから提供され、残しておきたい情報って

”次回以降どんなスタイルにしていくかの提案情報”



”今回の施術後、自分のヘアをどうやってケア、スタイリングするのがよいのか”

の2つに絞れるのではと思います。

これって、実際、美容室でのアフターカウンセリングで伝えている内容なんだと思いますが、忘れちゃうんですよね。

でも、何らかの方法で形に残っていれば、いつでも思い出せるのです。

もちろん美歴のような電子カルテなどのデジタルな方法で共有すれば、いつでも気軽に見ることができますが、いずれにせよどんな方法でも、「形」に残る手段でお渡ししてあげると、お客様にとっても喜んでいただけるのではないでしょうか。

ちょっとした工夫で、お客様の満足度、信頼度は飛躍的に上がるかもしれませんね。

記事筆者:

この記事を書いた人
藤波裕樹
美容師さんの皆さんがお客様と一緒に、”美”の歴史を楽しく安全に蓄積、活用できる環境を作っていきます。