自店舗の美歴活用状況がわかるサイト(美歴店舗管理サービス利用者向け)の紹介

先日の記事(「自分の美歴活用状況がわかるサイト(美歴店舗管理サービス利用者向け)の紹介」)で、利用美容師個人の美歴活用状況をチェックできるサイトをご紹介しましたが、今回はその店舗版をご案内いたします。

個人用と同様、このサイトを利用できるのは、美歴店舗管理サービスを契約している店舗様のみ利用できるものですので、ご注意ください。

アクセス方法は、店舗管理画面の右上にある黒色ボタンをクリックするだけです。


スクリーンショット 2016-08-10 14.46.15


それでは、管理画面の内容について、ご説明いたします。

ダッシュボード

アクセスすると最初に表示される画面です。

ここでは、今月の店舗全体の美歴活用状況と、スタッフ別の活用状況(先月との比較もできます)が確認できます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.06.28


アクセス時点の今月の美歴活用・進捗状況がすぐにチェックできます。

活用状況詳細(店舗)

画面左のメニューから、画面の切り替えが行えます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.09.54


「活用状況詳細」から、「店舗」を選択してみましょう。

まずは、「今日」の活用状況詳細(昨日との比較もできる)が確認できます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.11.30


そして、その下には月別の活用状況が一覧で表示されます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.48.42


カルテ作成数の月推移はグラフでも確認できるので、状況が把握しやすくなっています。


スクリーンショット 2016-08-10 14.22.05


月別の活用状況一覧の「年月」欄は、クリックすることができるようになっています。
こちらをクリックすると、その月のさらに詳細なデータをチェックできます。

メニュー比率や、


スクリーンショット 2016-08-10 14.49.32


再来店関連、


スクリーンショット 2016-08-10 14.49.41


売上関連のデータが確認できます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.50.07


月の推移を追うことで、店舗全体でよくなっている点や停滞している点を把握し、課題の抽出にデータを活用することができます。

活用状況詳細(スタッフ)

ここでは、スタッフ別の活用状況詳細を確認することができます。
まずは、月別の活用状況を一覧でチェックできます。スタッフのカルテ作成数順に並んでいるので、活用状況がわかりやすくなっています。


スクリーンショット 2016-08-10 14.19.14


名前はクリックが可能です。クリックすると、そのスタッフの詳細データを確認できます。
直近1年間の、美歴活用状況を確認できます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.21.25



スクリーンショット 2016-08-10 14.22.05


今月のデータは、日別の状況もチェック可能です。

さらに、スタッフプロフィール写真下の「個人アナリティクスページへ」をクリックすると、さらに詳細なスタッフの活用データページへアクセスできます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.21.25


ここでは、先日ご紹介した、「自分の美歴活用状況がわかるサイト」と同じ内容が確認できます。


スクリーンショット 2016-08-10 14.23.58


美歴を活用し、数字を伸ばしているスタッフとそうでないスタッフの相違点をあぶり出しながら、各スタッフの課題を解決する手段として、データをうまく活用いただけます。

ランキング

こちらは、所属美容師が登録したカルテデータをもとに集計した、お客様のランキングです。

項目は2つあり、カルテ数(=来店数)とお支払い金額です。

カルテ数は、カルテが1枚以上作成されているお客様を、その枚数でランキングしています。


スクリーンショット 2016-08-10 14.45.34


お支払い金額は、カルテに記録されている、技術売上と店販売上、その合計金額をもとにランキングしています。


スクリーンショット 2016-08-10 14.45.41


お店にとってのvip、ロイヤルカスタマーを把握したり、どのスタッフがどのくらいロイヤルカスタマーを抱えているかなどを把握できます。

しっかりと、確実にカルテを日々記録することで、こういった形で課題把握のためにデータを生かすことができます。

データがあれば課題が解決できるわけではありませんが、課題発見のためのヒントを得ることはできます。
そのヒントをもとに、さらに個別のデータを見ていくことで、より明確な課題発見につなげていくことも可能です。

例えば、集計データから再来率や単価が相対的に低いスタッフを把握できれば、そのスタッフが日々どのような施術をお客様にしているかを、
美歴カルテに記録された写真を一緒に確認、また、カルテを共有していれば、どのようなコミュニケーション、フォローアップをお客様にしているのかを確認することで、リアリティのある細部にわたる課題把握も可能になるはずです。

お店に来られるお客様に、より満足していただけるために、日々蓄積しているカルテデータを店舗運営の改善にぜひ有効活用してみてください。

記事筆者: