招待コードを最初に伝え忘れた!という時は・・・

美容師ユーザーさんがお客様情報に携帯番号を入力できない場合で、かつ、カルテの共有をしたいときには、
「招待コード」
をお客様にお伝えし、美歴アプリインストール後の会員登録画面で入力していただく運用を、このサイトでもご紹介してきました。

【関連記事】
カルテをお客様に送ってみよう②
“SNS”でカルテを送る際の注意点

招待コードの運用をする場合、「お客様に会員登録していただく際に、招待コードを伝え忘れてしまった!!」というケースも出てくると思います。

でも、安心です。お客様は会員登録後でも、招待コードを登録することができるようになってます。

お客様側のアプリでは、↓このように「設定」内に、「招待コード入力」というメニューを用意しています。


15032680_10211086243133029_7516896409214894769_n


選択すると、招待コードを入力できる画面が開きます。


14993397_10211086243013026_122046878856663179_n


ということで、もし事前に招待コードを伝え忘れてしまった場合でも、あとからお客様にお伝えすれば大丈夫です!

記事筆者: