2017.01.18

美歴は、複数の店舗に出勤されるような美容師さんにも対応しています。

複数の美容室店舗を経営されている企業に所属されている美容師さんの中には、曜日等でいくつかの店舗を行き来している方もいらっしゃると思います。

美歴は、所属店舗を複数登録でき、店舗の切り替えも簡単に行えるようになっています。

※所属店舗の申請・承認の操作方法は、こちらを参考ください。
「所属店舗を登録しよう」

複数店舗を登録すると、「お客様」リスト画面にアクセスした際に、店舗を選択できるようになっています。





ここで選択すると、その店舗としての操作ができるようになります。

ただし、自分のお客様リストは、どの店舗を選択しても、すべてのお客様が表示されます

「スタッフのお客様」や「スタッフ」など、店舗共有に関わる機能について、選択した店舗に紐づく情報が表示されます。





このように美容師さんが複数の店舗を行き来する方は、お客様もタイミングによって来店される店舗が毎回変わったりすることもありますよね。
紙でカルテ管理をされている方は、そういった場合に、カルテがお店になくて、Faxや写メをスタッフに送ってもらったり、ということもあると聞きます。

情報管理のリスク面、手間の面など低減し、スムーズかつお客様に安心していただきながら、施術・接客ができるという点でも、電子カルテは重宝いただけるようです。

記事筆者:

この記事を書いた人
藤波裕樹
美容師さんの皆さんがお客様と一緒に、”美”の歴史を楽しく安全に蓄積、活用できる環境を作っていきます。