アシスタントさんが、前日に「明日来店」するお客様のカルテを準備しておく流れ

美歴でカルテ管理を効率的に運用する便利な機能として、「今日来店」「明日来店」設定機能というものがあります。

(参考記事 「『今日来店』『明日来店』機能で美歴カルテ管理を効率化!」」)

この機能は、「美歴 店舗管理サービス」をご利用されている店舗様であれば、同じ店舗に所属する自分以外のスタッフのお客様への設定にも活用することができます。

紙カルテの運用をされているサロン様では、アシスタントさんが前日の夜に、翌日来店される予定のお客様のカルテを用意しておくといった業務運営を行なっている場合も多いと思います。

どのサロン様でも、この作業がとても時間がかかっている、という現状をよく耳にします。

美歴で電子カルテ管理しておくと、この作業が大幅に効率化できます。
アシスタントさんのカルテ準備に関わる仕事も劇的に削減できるはずです。

それでは、くわしい運用方法をご紹介します。ここでは、「アシスタントさんが、担当スタイリストさんの明日のカルテを準備しておく」という使い方を想定します。

アシスタントさんの美歴アプリで、「お客様/メニュー」の「スタッフのお客様」を選択します。すると、同じ店舗に所属するスタッフのお客様リストが表示されます。





明日予約が入っているお客様がすぐに見つからない場合は、「検索」機能使ってを抽出しましょう。





対象のお客様が見つかったら、名前をタップし、ポップアップを表示します。





ここの、「明日来店」をタップします。





すると、リストの上部に、このお客様が表示されるようになります。





この情報は、担当スタリストさんのアプリはもちろん、店舗スタッフさん全員のアプリに反映されます。
翌日になれば、「今日来店」リストとして、再上部に自動で上がってきます。
簡単ですね!

「名前の順に整理しているつもりが、間違った所にしまってしまい、どこにあるかわからない、、、探すだけで30分かかった、、、」といった、”紙カルテあるある”の心配はありませんね。

美歴を有効活用することで効率化できる業務はたくさんあると思います、しっかりと活用してみてください!

記事筆者: