美歴で、フリーのお客様や担当変更したお客様のカルテ作成はどうやれば良い?

美歴は、美容師さん一人一人のアカウントで、それぞれの端末で、カルテ作成、管理ができますが、店舗で運用する場合、フリーのお客様や担当が変更となるお客様の情報をどうやって管理すれば良いか迷うこともあると思います。

このケースで気をつけなければならないのは、「お客様情報を二重に登録してしまうこと」です。
例えばフリーのお客様の場合、毎回担当スタッフが代わり、それぞれがお客様情報を美歴に登録してしまうと、カルテ履歴がバラバラになってしまいます。

そこで今回は、フリーや担当変更時にもしっかりと情報を引き継いで、カルテを一元管理する方法をご案内します。

以下のようなケースを想定して、ご紹介していきます。


・フリーのお客様:「てすとはなよ」さん
・前回担当美容師:「藤波裕樹」さん
・今回担当美容師:「美歴二郎」さん



今回担当する美歴二郎さんが、美歴アプリに「てすとはなよ」さんのカルテを記録します。
当然、お客様情報の登録はしてませんので、自分の「お客様」リストには表示されません。
「スタッフのお客様」で検索してみると、









しっかり登録されていました。前回担当した「藤波裕樹」さんがしっかりと登録してくれていたんですね。

お客様詳細を見てみると、前回のカルテも記録されています。







「美歴二郎」さんが、今回のカルテをつける場合、このお客様情報を活用します。
このポップアップで





カルテ作成を選択し、いつも通りに作成していきます。





下から2つ目の項目「施術記録」に、自分の名前を入れておくと、後々便利だと思います。





カルテ作成できました。
これで、自分の「お客様」リストにも、この「てすとはなよ」さんが自動で反映されます。お客様の名前を登録しなくても、良いんです。ここ、重要です。

検索してみると、









このように出てきます。
詳細を開いてみると、





前回のカルテと一元化されているのがわかります。
画面を切り替えれば、各施術担当もわかりますね(これが前述した、「施術記録」に名前を入れておいた理由です)。





以降も同様に行えば、フリーのお客様をスタッフ全員で一元管理できます。
担当者変更の場合も、全く同じ方法で運用が可能です。

なお、この運用は、あくまで「美歴店舗管理サービス」をご契約されている店舗様のみ活用できるものになりますので、ご注意ください!

記事筆者: