2017.05.09

美歴店舗管理サービスの導入・月額費がすぐわかる見積ページ

美歴店舗管理サービスの導入費、月額の概算見積もりがすぐにできるようになりました。


所属スタッフが美歴アプリで登録しているカルテ情報や、スタッフとお客様とのコミュニケーションの管理、スタッフ間でのカルテ共有などを行うことができる、「美歴 店舗管理サービス」。

導入をご検討いただく際に気になる、初期費用や月々の費用概算を簡単に算出する見積もりページをご用意いたしました。

下記からダイレクトにアクセスすることも可能ですし、
見積もりサイトへ

美歴公式サイトの「ご利用料金」ページにある、「見積もりサイトへ」ボタンからアクセスいただくことが可能です。



導入店舗数やスタッフ数、オプションを選択して金額を確認

見積もりサイトへアクセスすると、↓このようなページが表示されます。




まずは、導入を予定している店舗数と、スタッフが「10名」を超える店舗がある場合は、その10名を超えた分のスタッフ数を入力します。



スタッフ数のところは、少し分かりづらいかもしれませんが、
例えば、3店舗で導入を検討している場合に、

A店: スタッフ12名
B店: スタッフ9名
C店: スタッフ11名


だった場合、

A店とC店で10名を超えている人数は、A店=2名、C店=1名 ですので、合計3名となります。

美歴店舗管理サービスの基本料金で管理できるスタッフ数が1店舗あたり10名となっており、そのため、このような入力項目を設けています。

続いて、オプション項目です。各サービスの詳細は、「サービス詳細」ボタンを選択すると確認できます。

まずは、「オリジナルアイコンプラン」。こちらは、アイコンの種類数によって金額が変わります。



全店同じアイコンでよければ「1」を、
例えば10店舗経営していて、ブランドが3つに分かれているような場合、アイコンは3つ用意した方が良いと思いますので、「3」を入力する、といった感じです。

次に、「顧客登録Webカード」



これは、運用したいアンケートの種類数を指定していただきます。
例えば、10店舗あって、運用したいwebアンケートが新規客向けと既存客向けで2つある場合、「2」と入力いただければ大丈夫です。見積もりシステムが、「2」×「10店舗」として金額計算を行います。

最後に、「お客様データ一括インポート」



こちらは、一括登録したい顧客数によって金額が変わります。美歴に一括登録を予定するおおよその顧客数を入力してください。

入力ができたら、見積もりボタンをクリック!


上記の各項目の入力が終わったら、「上記内容で見積もり」ボタンをクリックしましょう。



すると、見積もり金額表示がされます。



初期費用、月額それぞれの内訳も明示していますので、確認ください。

正式な見積もりはお問い合わせください!


企業様ごとの要望や状況によっては、表示された見積もりとは異なる可能性があります。

あくまでも概算としてご理解いただき、正式な内容は弊社宛、お気軽にご相談ください!

記事筆者:
この記事を書いた人
藤波裕樹
美容師さんの皆さんがお客様と一緒に、”美”の歴史を楽しく安全に蓄積、活用できる環境を作っていきます。