サポートブログ

美歴店舗管理サービス利用で得られる、7つの良いこと
使い方
2017.05.16

美歴アプリを個人でお試し利用されている方から、「店舗管理サービスを契約するとアプリだけの運用と違って、どんなサービスが利用できるのか?」という、ご質問をいただくことが増えてきました。

そこで、美歴店舗管理サービスを契約することで活用できるようになるサービスや、得られるメリットについて、まとめてみました。

店舗内のカルテ共有ができる

これは、美歴店舗運用する際に最も重要なポイントだと思います。

お客様の施術履歴を共有できることはもちろん、「メモ」機能を活用したリアルタイム情報共有も可能になります。

デジタルだからこそできるカルテ情報の共有は、店舗全体の接客・接遇力向上にきっと役に立つはずです。

美歴カルテの店内情報共有効率化のポイントは「メモ」機能の活用にあり。

カルテデータの分析ができる

店舗管理サービスを運用いただいているサロン向け、そして、所属しているスタッフさん向けに、分析ツール(美歴アナリティクス)を提供しています。

カルテ数などの活用状況はもちろん、再来率やメニュー比率、複数店舗であれば、店舗別の状況分析などが行えます。

美歴「アナリティクス」で、各月の新規お客様の再来率がわかりやすくなりました。

美歴 店舗向けアナリティクスサイト 当月の再来数集計等をわかりやすくしました。

予約システムと連携できる

店舗管理サービスの管理画面でスタッフごとに予約サイトのURL設定ができます。

これにより、美歴カルテを共有している既存のお客様への予約誘導を促進できます。

美歴店舗管理画面で「予約URL」設定すると、お客様のアプリにはどんな風に表示されるのか。

美歴って、予約サイトと連携できるんです。

SMSやインビテーションチケットを無料で付与しています。

美歴カルテをお客様と共有する際の最初の送信方法として有効な「SMS」、そしてお客様へのアプローチに有効活用いただけるデジタルDM「インビテーションカード」。

これらは、登録後100件分の無料チケットを各スタイリストユーザーに配布していますが、それを超えるとチケットを購入いただく必要がございます。

しかし、店舗管理サービス利用サロン様には、毎月月初に最大100件分の無料チケットを配布しております。
店舗様は、自由にそのチケットをスタッフに配分していただけるので、スタッフ様個人が費用負担する必要がありません。

SMSチケットを店舗管理画面から付与する方法

充実のサポートを受けられる

美歴店舗管理サービス契約企業様ごとに専用のfacebookグループ(秘密のグループ)を開設しています。

操作面で困ったことあった場合、改善のご要望などをいつでもスタッフ様どなたでも投稿いただき、即座に弊社サポートが対応させていただいております。

サロンワークで使うアプリであるため、目の前のお客様対応にみなさまが困らぬよう、迅速な対応を行なっております。

お客様からのレビューを受けられる

店舗管理サービスを利用されているサロンのスタッフさんとカルテを共有したお客様には、美歴から施術等に対する満足度レビュー依頼を行なっています。

お客様から得られた評価情報は、日々、サロン様、担当スタッフ様にフィードバックさせていただいております。

お客様のリアルな声をサロンワークの質向上に役立てていただけます。

美歴カルテを受け取ったお客様から、レビューをいただけます。

お客様からのレビュー情報を美歴アプリ内で閲覧できるようになりました。

美歴 店舗向けアナリティクスサイトでも、レビュー情報を確認できるようにしました。

美歴をもっと有効活用できる、オプションサービスを利用できる

美歴店舗管理サービスを利用されている場合のみ利用いただけるオプションサービスをご用意しています。

美容室の“紙”の受付シートをWebフォーム化できるサービス 「美歴 顧客登録Webカード」をリリースしました。

美歴を自ブランド専用アプリにできる「オリジナルアイコンプラン」をリリースしました。

お客様データの美歴への一括登録代行も承ります。

美歴をより効率的に運用したり、お客様のアプリダウンロードを促進できたりと、カルテ業務に関わる生産性を向上することができるオプションサービスのラインナップになっています。

1ヶ月は無料で利用可能。有料化後の金額見積もりができるページもご用意しています。

以上が、現時点(2017/5)において、美歴店舗管理サービスを利用した場合に活用できるサービスや得られるメリットです。

1ヶ月間は無料でお試しが可能で、お試し期間終了後、継続するかどうかのご判断をいただくことができます。

また、有料となった場合の金額概算をオプションサービスなどとともに、見積もることができるサイトもご用意いしていますので、ぜひご利用くださいませ。

見積もりサイトへ