知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『後輩が俺の話を聞いてくれないんです、なんでですか?という話。』
 有料 2015.06.09 Tue
『後輩が俺の話を聞いてくれないんです、なんでですか?という話。』



昨日、イチロー選手がどのように準備しているか、
という話を書いた。



本記事にも書いたように、
イチロー選手は、
自分でコントロールできる準備を怠らない
ことで成功への最短距離を走っている。

この「コントロールする」という発想で
もうひとつ言えることがあった。

以前にも本コラムで書いたのだが、
よくサロンの社長さんや店長さん、
先輩美容師さんから、
社員、部下、後輩にどうすれば、
伝えたいことが伝わるか、
という相談を受ける。

その際にいつも言っているのが、
他人はコントロールできないが、
自分はコントロールできるということ。

イチロー選手に習うなら、
他人を変えることは容易ではない。
であるなら自分を変えることからはじめる、
ということだろうか。

「じゃ、なに?相手に合わせればいいの?」

それもひとつの方法かもしれない。

ただもうひとつ可能性があるならば、
自分の行いが正しいのか、どうか、だ。
私もそうだが、自分の行いにはとても鈍感だ。
道理にずれていない行動ができている気がする。
また他人の道理にはずれた行動は気になってしまう。
だからこそ、ついつい言ってしまう正論を。

それに対して相手はどのように感じているか。
どのように受け止めているか。

きっと、
「はいはい」
って思っているに違いない。
(あれ、これ被害妄想?)

そこまでではないとしても、
理解できていないかもしれないし、
納得できていないかもしれない。

それは相手が悪いのか。

そうかもしれない。
では、イチローならどうするか。

きっとコントロールできる自分を変える。
相手に伝わる方法を考えるし、
そのための準備もするし、
継続していくのだろう。

それでも伝わらない。

その場合、そこにある問題は千差万別だと思う。
イチローなら、打撃フォームを変えるかもしれない。
グローブを変えてみるかもしれないし、
フィジカルのトレーナーを変えるかもしれない。

自分でコントロールできる部分を、
フィットするまで変えることができるか否か。

これがプロフェッショナルの仕事なのかもしれない。

と、これは自戒の念を込めまくってます。
なのに、偉そうで失礼しました。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣




「美容室のウェブサイトに必要なのは莫大なアクセス数ではなく……、という話。」