知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『たいがい寝ちゃうセミナーの内容を確実にスタッフにモノにさせるために私が編み出した妄想、という話
 有料 2015.07.01 Wed
『たいがい寝ちゃうセミナーの内容を確実にスタッフにモノにさせるために私が編み出した妄想、という話



高校2年生のとき、
いきなり成績が急上昇したことがあった。


そのとき、どのようにして勉強したのか。
それまでは、ただ教科書を丸暗記、
もしくはノートに書いて、書いて、書いて。
ドリルも暗記して、公式も暗記して……。
ま、いわゆるオールドスクールな勉強方法だった。

しかし、
ただ憶えていくことに限界を感じ、
また眠くなるし、結果には繋がらないし、
いいことがなかったので、
眠気覚ましのつもりで行った勉強法が、
大きな結果に繋がったのだ。

それは何かというと、モノマネ勉強法だ。

当時、もっとも苦手にしていた地学を
なんとかして成績を上げないといけなくて。
でも憶えられない。
たまたま地学の先生が独特な話し方をする、
そういう先生だったので、
何気なしに授業の風景を真似してみた。

教科書は手に持っているけどみない。
みないで授業の内容を再現してみる。
すると、イイ線まではいくけど、
記憶が抜け落ちていたり、
説明できない箇所がでてきた。

そこだけは教科書を見て、
一通り授業が再現できるまでやってみた。

ま、半分ほど諦めていたので、
そんなモノマネ授業だけをして、
テストに挑んでみたら、98点。

過去、とったこともない点数だった。

それ以来、苦手な数学なども
先生の授業を再現する勉強法で、
グイグイと成績が伸びるようになったのだ。


ここ数年、
セミナーというものをやらせて頂くことが増えた。
曲がりなりにも誰かに教えるわけだから、
準備を怠ることはできない。
経験と事例、学術的なアプローチやテクニック、
それを初心者でも分かりやすいように噛み砕く。
この繰り返しなのだ。

すると不思議なことに、
受講してくれたみなさんよりも、
いつの間にか自分の勉強になっていることに気づく。

セミナーが多い有名美容師さんと話すと、
受講者より、講師の方が勉強になるよ。
同じことを何度も言うんだから、
誰よりも身に付いていく、
なんてことを言っていた。

確かに、そうかもしれない。

そこで私は考えた。

私が美容室の経営者なら、
同じセミナーを何人ものスタッフに同時に行かせず、
1セミナー1名で受講させて、
みんな帰ってきたら、相互にセミナー内容を再現し合う。
セミナー中に寝ていたり、理解できてなかったら、
恐らく再現はできないはず。
そのプレッシャーがあるから、寝ないはず(笑)。
そして再現することで理解が深まり、
相互に教え合うことで一定の緊張感をもたせることができる。

これはスタイリであろうが、アシスタントであろうが、
店長だろうが、マネージャーだろうが関係なく、
対等に実施していく。

なんて妄想をしている。

今、私はJBCAという団体の顧問をしている。
特に東京エリアを担当しているのだが、
東京エリアに所属しているビューティコーディネーターたちは、
外部講師のセミナーを受けた後に、
各店舗に戻って、現場への落とし込みをしてもらっている。

まだその具体的な結果は出ていないが、
きっと効果が出るだろう、と期待している。

ただ受講するだけでは意味がない。
せっかく時間とお金を使うのだから、
効率よく、確実な結果に繋がるようにしたい。

そのための妄想だった。

あ、セミナーを自社で再現するのって、
業界的にNGでしたっけ………。

もしそうなら、、、すいません。。
素人が偉そうに、失礼しました。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣





「美容室のウェブサイトに必要なのは莫大なアクセス数ではなく……、という話。」