知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『美容室にも忍び寄る”人材不足倒産”の嵐、という話。』
2015.08.03 Mon
『美容室にも忍び寄る”人材不足倒産”の嵐、という話。』
日本における人手不足は深刻の度合いを深めている。
特に建設関係の職人が圧倒的に足りないらしい。
東京電力の福島原発の処理作業に従事するため、
日本中の建設作業員が動員されてきた。
これに加えて、2020年の東京オリンピックに向け、
東北地方に集まった人手まで東京に集められる。

このような建設業だけでない。
一般企業も人材不足に悩んでいる。
2018年には18歳以下の人口が激減する。
この状況に沿うように、
新卒求職者の数も大幅に減少する。
大企業は既に、激しい人材獲得合戦をしている。

一般企業で深刻なのは中小零細企業だ。
日本は中小零細企業が多い社会の上、
ここ20年の会社法改正などで、
会社設立が容易になったおかげで、
多くの中小企業が誕生した。
この会社数と人材数のバランスが崩れている。

この記事は会員限定記事となります。

美歴会員登録をし、美歴マガジンのサービス利用規約に同意いただくと続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。(有料コンテンツは、ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただきます)