知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『近江商人の心意気』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第4回)
2015.10.22 Thu
『近江商人の心意気』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第4回)
章のタイトルにもある『三方よし』という考え方ですが、
この三方よしとは昔の近江地方(今でいう滋賀県)の商人が、
商売を繁盛させるために根底に持っていた考え方です。

自社だけが、自分だけが良ければ良いというわけではなく、
『三方よし』を基本としながら結果として儲ける、
それが繁盛と呼ばれる状態を創ることなのです。

この三方よしの“三方”とは、
『売り手よし、買い手よし、世間よし』
のことです。

『売り手側である私たちが良くなるのと同時に、
買い手であるお客様や、
その周囲の社会全体までが
良くなるお付き合いを致しましょう。』
という考え方ですね。

この記事は会員限定記事となります。

美歴会員登録をし、美歴マガジンのサービス利用規約に同意いただくと続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。(有料コンテンツは、ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただきます)