知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『サロン運営の三方よし』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第5回)
2015.10.29 Thu
『サロン運営の三方よし』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第5回)

1章 三方よしの目標設定

4)サロン運営の三方よし

 今まで経営には
『三方よしの考え方が必要だ』
とお伝えしてきました。

その中でも三方よしには
≪組織経営の三方よし≫
≪サロン運営の三方よし≫という
考え方がありますが、
今回はサロン運営の三方よしについて
考えてみましょう。


 まず、組織経営とサロン運営における
三方三者の定義については
次の図のようになります。





 売り手がサロンであることに違いないのですが、
その他は微妙に立ち位置が異なるようですね。

それではサロン運営に「おける三方よし」の考え方を
見てまいりましょう。


①売り手にとって“良い”状態

 売り手がサロンであることに違いないのですが、
買い手が異なるため、当然“売るもの”が違います。

組織経営において当然、商品・サービスを
お客様に売るのですが、
サロン運営においての買い手は社員になります。

 では何を売買するのか?

 サロン側にとっての“売り物”は『お給料』ですね。
お客様には商品やサービスを提供することで、
お客様とはお金を交換します。

では社員に対してお給料を支払う際に、
社員とはそのお給料を何と交換するのでしょう?
それが、時間と労力ですね。
売り手であるサロンにとって、
お給料は安いに越したことはないのですが、
社員の幸せや長期的な雇用を考えると、
とにかく安ければ良いというわけでもありません。

 材料と同じように安いには安いなりの理由があるはずです。
つまり、
『その給料でしか雇用してもらえない』社員が
残ってしまう可能性もあり得ます。


②買い手にとっての“良い”状態


 では社員にとっての良い状態とは?
を考えるのは、お客様と同じですね。
 社員にとってはとにかくお給料は高い方が良い。
ただ、闇雲に高額のお給料を払った結果、
会社が潰れてしまっては意味がありません。

 これは買い手がお客様である時も同じなのですが、
『そのサロンが本当に残って欲しい』
と思ってもらえるようなサロンであれば、
不当な低価格化や不当な高額のお給料は
要らないということになります。

 結局、社員と何で繋がるのか?
という結論に行き着くのですが、
それは後々詳しくお話しさせていただければと思います。


③世間にとっての“良い”状態

 組織経営という観点から見た時の
“世間”とは地域社会だったのですが、
サロン運営にとっての世間とはお客様と考えられます。

 組織経営では売り手であるサロンと
買い手であるお客様との関係の結果が利益となり、
その利益が結果として納税や次の雇用という面で、
“世間よし”の状態を築き上げました。

 同じ様にサロン運営では、
売り手であるサロンと買い手である社員の関係の結果が、
お客様との良好な関係をもたらすと考えられるでしょう。

皆さんのサロンでも今一度、
組織経営とサロン運営という観点からの
三方よしを見つめなおしてみては、
いかがでしょうか?



次世代型電子カルテ
『美歴』

『世界のクリエイティビティの趨勢と日本の美容室の現状比較、という話。』
『美容師に求められるのは、コンテクストを読み解き、理解し、創造することでは、という話。』
『ベイスターズのスタンスから見えてくる美容室経営5つポイント、という話。』