知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『新しいバトンが渡されたので、書いたみたベストコンテンツ。』
2015.12.03 Thu
『新しいバトンが渡されたので、書いたみたベストコンテンツ。』
《ハイパーリンクチャレンジ!》
やってみました!
airの木村さんから、新しいバトンが渡されました。
遅くなってしまいましたが……
「私が選んだ2015ベストコンテンツとは?」
に回答したいと。

【ハイパーリンクチャレンジ】私が選ぶ2015ベリーベストwebコンテンツとは。
http://naotokimura.tokyo/archives/17166

スタートは佐野さんのようです。
【ハイパーリンクチャレンジ2015】佐野的2015年1番おもしろかった記事
http://blog.mtrl.tokyo/9133

木村くんたちの記事を見ていると、
ちょっと私の方向性が違うのですが。
私は月間に20冊ほどの本を読んでいます。
今年、特に面白かった人たちのことが
記事になっていて、
その内容は美容ビジネスにおいても、
とても示唆に富んだ内容です。

なかでも、ピーター・ティールの
『ZERO to ONE』 は様々な業種、場面、
そしてクリエイティブに応用できる、
そんな内容になっています。
彼のインタビュー記事は、
今年の中では、とても興味深い内容でした。

と、いいつつ(言い訳)、
日々、読む記事が多すぎて、
あまり記憶に薄いのが正直なところ。
そこで、言い訳ですが、、
ほかにも読んで面白かった方々の、
WEBコンテンツもご紹介します。


“才能を活かせない国”No.1は日本かも… PayPal創業者ピーター・ティールが語る、日本の弱みとは
http://logmi.jp/43321

その他の、お勧め記事です。

「常に批判を求めよ。原理を疑え」”世界最高の起業家”テスラモーターズ・イーロンマスク インタビュー
http://logmi.jp/7293


「The Hard Thing」のホロウィッツかく語る
米アンドリーセン・ホロウィッツ 共同創業者 ベン・ホロウィッツ氏
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/061700004/070100002/?P=1


グーグル内部には「苦い砂」が入っている
ラズロ・ボック人事担当上級副社長に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/92605



で、私、個人の記事に関してですが、
木村くんにならって、今年、もっとも
アクセスがよかったのは………


『スタッフが辞めたいと言いだしたときにかける言葉は”何で?”ではない、という話。』
http://bireki.jp/mag/beautician/2015/02/05/98270/


この記事でした。 賛否はあるのかと思いますが。


ということで、
ちょっと物足りないかもしれませんが、、、
私のベストコンテンツは経営系の記事でした。

ありがとうございました。

株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣