知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『勉強に生かすべき、多読で得られる3つの利点、という話。』
2015.12.06 Sun
『勉強に生かすべき、多読で得られる3つの利点、という話。』
サロンを変える
次世代型電子カルテアプリ『美歴』。
モニタリングサロン募集中。
http://bireki.jp/





|あなたはどんな読書スタイル?|

読書に対するアプローチは人それぞれ。
精読派とか、多読派とか、乱読派とか。
どんなスタイルで本を読むかは、
好みの問題で、どうでもいい。

もし仕事に生かしたいと思っているなら、
もし勉強のために、と思っているなら、
「多読スタイル」であるべきだ。


|なぜ多読じゃないといけないの?|

感銘を受ける素敵な1冊に出会う。
こんなチャンスはそうそう現れない。
ここで受ける感動はとても大切だ。

心を動かす感動体験は、
細胞レベルに刻み込まれる。
脳に興奮を喚起し、
また新たな出会いが欲しくなる。
そして継続的に本を読むようになる。
結果、脳内に蓄積される知識量は増大する。
読書で勉強するなら有用なのは、
この種類の脳内麻薬だ。


|感動が思考を邪魔する|

ただ人間は感動したこと対して、
固執してしまう傾向がある。
共感した本、理論、方法論があれば
それを否定しにくくなる。
それは自己否定に近い行為だからだ。

—そこまで深く入り込むからこそ、
信じて突き進める、という効能もあるが—

つまり、
思考の多様性を奪う可能性がある。
モノゴトにアプローチするとき、
A面からだけでなく、B面から、
もしくはC面、D面から考察することは
とても大事な姿勢だと思っている。
その思考の多様性を阻害するのが、
感動的な体験なのだ。


|思考の硬直を解きほぐすために|

では思考の多様性を邪魔しない読書法とは何か。
それが「系統的多読法」だ。

現実にこんな言葉があるのかは知らない。
”多読”とは「本をたくさん読む」という意味。
その一方で”乱読”とは、
「系統立てないで手当たり次第に読む」
と意味付けられている。

乱読には
「系統立てない」
とわざわざ入っている。

この”系統立てる”に意義を感じる。

私が実践している「系統的多読法」とは、
例えば「マーケティング」
例えば「ミクロ経済」
例えば「行動経済学」
例えば「マネジメント」
そのようなテーマを決めたら、
関連する書籍をたくさん読むことだ。

ひとつのテーマに対して、
多様的なアプローチを知ることができて、
凝り固まった思考をほぐしてくれる。
もしくは、
その思考を後付けで実証をしてくれる。


|系統的多読法のメリット|

系統的多読法には利点がいくつかある。


(1)思考の多様性が得られる

マーケティングなんて大きなテーマの場合、
著者によってそのスタンスが異なる。
ある本では”良し”とされていた理論が、
ある本では”悪し”とされることもある。
同じ方向に向かっていながらも、
違う道筋をたどることだってある。
「へぇ、そういう方法もあったか」
と目から鱗が落ちる想いをする。
これこそ、思考の多様性だ。


(2)体系的に俯瞰できる

ひとつのテーマについて、
様々な切り口から読み取るわけだから、
テーマの全体像とまではいかなくても、
視界は大きく開ける。
1冊だけを読むことは、
例えば、渋谷の地図をみているだけで、
複数の系列書籍を読むのは、
東京全体の地図を俯瞰してみることに似ている。

この”俯瞰感”がモノゴトを記憶するのに役立つ。
頭の中でそれぞれの関係性をイメージ化できれば、
思考のポジショニングにとても役立つ。


(3)脳内に定着させる

同じテーマで複数の書籍を読むと、
同じキーワードがたくさんでてくる。
専門用語、人物名、理論名などなど。
1回しか読んでなければ記憶は薄いが、
「あ、この人、ほかの本でも見たな」
となると記憶のスピード感は俄然に高まる。
既視感と言っても良い状況になる。
知った気になることで、
実際に記憶として定着していく。
これは私の経験則だ。
なんとなく憶えているけど、
なんだったっけ、というコトも多い。
そのときは、ほかの本を読み返せば良い。
この行為がまた記憶の定着に効果的だ。



|どんな系統で読めばいいのか|

さて「系統的多読法」の効果は、
大きくこの3つに集約されるわけだが、
どんな系統立てで読めば良いのか。


これは取り扱うテーマによって、
異なってくるので一概には難しい。

テーマに関わらず意識しているのは、

「横軸と縦軸でのセレクト」

だ。

当然のことながら、書籍は新刊だけでない。
一時代前の人気書籍があれば、
古くに出版された名著もある。

新刊(もしくは近年)発売されたもの、
これを横軸と考える。
現代の人たちはそのテーマに、
どうアプローチしているのか。

そして同じテーマで時代を遡り、
どのような扱われ方をしてきたか、
どんな進化をしてきたか。
ここまでの流れを知ることも大事だ。

そして最近、重視しているのが、
この縦と横の糸を繋ぐ(かもしれない)、
学術的な書籍を読むことだ。

経済学、統計学や
心理学などはもちろん、
マーケティングやマネジメントも、
学術的に研究されている。
このような書籍を読むと、
より深く知るきっかけになる。


このように同じテーマについて、
縦横にある本に対してアプローチする。
こうすることで得られる感動もあるし、
新しい発見をさせてもらえることも多い。

1冊の本で感動してしまうだけでなく、
体系的に知識を呼吸することで、
自分なりの回答を導きだすこと。
このスタンスが勉強的読書には
大切なのだ。


とても偉そうに失礼しました。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣




『サロン運営の目標管理』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第9回)

『商品を勧める前に立ち止まりたい最低限の思考法、という話。』

『掲載料と集客数は相関関係なのか、因果関係なのか、という話。』

『自民党と強い美容室に共通のフレームワーク』

『サロン経営の目標管理』美容室経営の目標管理 ~繋がり力経営のすすめ~(第8回)