知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『スタッフの行動が変わる!』売上目標の設定方法(第12回)
2015.12.17 Thu
『スタッフの行動が変わる!』売上目標の設定方法(第12回)
サロンを変える
次世代型電子カルテアプリ『美歴』。
モニタリングサロン募集中。
http://bireki.jp/



2章 サロン運営の売上目標設定

3)『スタッフの行動が変わる!』売上目標の設定方法


第一章でも、
『なぜ目標設定が必要なのか?』
をテーマにお伝えさせていただきましたが、
改めて、目標設定は何の為にするのか?
を考えてみましょう。

仮に目標を設定しても設定しなくても
何も変わらないなら、
目標を設定する手間を考えると
目標なんて設定しない方が良いのかもしれません。

しかし精神論や根性論ではなく、
目標があるチームとないチームでは
目標のあるチームの方が良い成果を生むことは
古くから立証されています。

つまり、目標設定の一つの目的は
『成果を高める事』
と考えられるわけです。

しかし、
『目標を設定すれば成果が上がる』わけではありません。

『目標設定をする事で
スタッフの行動が変わるから成果が上がる』
のです。

では、なぜスタッフの行動が変わるのか?というと、
①する事が明確になる
②やる気がおきる

ことが絶対条件なのではないでしょうか?

ということは、スタッフの行動を変えるには
『スタッフのやる気にスイッチが入り、
かつする事が明確な』目標設定に
しなければならないわけです。

そのような目標設定とはどの様な物なのか?
というと、次の三つの要素に分かれます。


スタッフに行動変化をもたらす目標設定①

『たくさんのお客様に喜んでいただく』
といった目標を設定した場合、
“何をもって喜んでいただけたと判断すれば良いのか?”
“10人はたくさんなのか?100人とは違うのか?”
といった疑問が残ります。

そうならないように、
目標設定には透明性が求められます。
この透明性とは“数字で表現されている事”を意味します。


スタッフに行動変化をもたらす目標設定②

仮に達成したとしても嬉しいとは思えないような
目標設定では動機づけが働きませんから、行動変化は起きません。
ですから、目標設定の要素として目標の魅力が求められます。
また目標の魅力には二つの条件があります。それは
“本人が魅力に感じること”

“周囲からも魅力に感じること”です。

仮に本人にとってはすごい目標だと感じていても、
達成した際に周囲から
『そんな目標は達成しても当たり前だ』
と思われるようなものでは、
結果として魅力的とは言えないのです。


スタッフに行動変化をもたらす目標設定③

目標設定あるあるの一つですが、
目標に達成しなかった時のフレーズとして
『実は最初から目標が高すぎると思っていたのです』
というものがあります。

管理者としては絶対に
口に出してはならないフレーズなのですが、
そうならないように到達可能性も重要な要素の一つです。

到達可能性を高める一番の手立ては
『低い目標を設定すること』です。
但し、そのような低い目標では
“目標の魅力”が低くなりますから、
適度な難易度の目標が求められます。

また、ここでいう到達可能性は
“行動レベルに細分化”
することで高まります

このように目標に対する動機づけは
【透明性】×【目標の魅力】×【到達可能性】
で高くも低くもなるんだということを
覚えておいてください。