知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 多くの美容室に該当する、キャリアアップ助成金の人材育成コース
2013.09.15 Sun
多くの美容室に該当する、キャリアアップ助成金の人材育成コース
はい! こちら、越川社労士事務所です。
今回ご紹介する知って得する助成金・奨励金制度は、前回に引き続き「キャリアアップ助成金」です。本年度新たに出来た助成金制度で、本助成金は次の6つのコースに分かれております。


  1. 1. 正規雇用等転換コース
  2. 2. 人材育成コース
  3. 3. 処遇改善コース
  4. 4. 健康管理コース
  5. 5. 短時間正社員コース
  6. 6. 短時間労働者の週所定労働時間延長コース


今回は、その中でも多くの理美容業の会社で該当する可能性のある「(2)人材育成コース」をご紹介します。


こちらは正社員経験の少ない契約社員、パート、アルバイトなどを正社員へ転換することを目的とし教育訓練を行う場合に該当する可能性のある助成金です。
助成対象となる教育訓練は、OFF-JTのほかOJTも対象となります。
通常、多くの企業で行われている実際の仕事をしながらの訓練(OJT)は、業務の一環として行われ、純粋な教育訓練ではないことから、助成対象から除外されるケースが多いのですが、今回の助成金ではOJTを助成対象としていることが大きな特徴です。

【OJTとOff-JTの定義】
  • ・OJTとは、適格な指導者の指導の下、事業主が行う業務の遂行の課程内における実務を通じた実践的な技能およびこれに関する知識の習得に係る職業訓練のことです。
  • ・OFF-JTとは、生産ラインまたは就労の場における通常の精算活動と区別して業務の遂行の過程外で行われる(事業内または事業外の)職業訓練のことです。

助成額はOJTに対する実施助成(1人1時間当たり700円)、Off-JTに対する賃金助成(1人1時間当たり800円)、経費助成(1人当たり20万円を上限)があります。
※大企業の場合、Off-JT分の支給額は、賃金助成500円、経費助成15万円となります。

例えば、【OJT 80時間/月】と【Off-JT 20時間/月】の合計【100時間/月】の教育訓練を6ヶ月実施した場合(合計600時間)の助成額(中小企業)は以下の計算となります。
  1. 1 実施助成=1人1時間当たり700円×480時間=336,000円
  2. 2 賃金助成=1人1時間当たり800円×120時間=96,000円
  3. 3 経費助成=1人200,000円(上限)          (1)+(2)+(3)=632,000円
その他、前回ご紹介した「(1)正規雇用等転換コース(助成額15万円~40万円)」との組み合わせも可能です。

それでは以下に概要等を御紹介させて頂きますので、ご覧ください。

【概要】
有期契約労働者等に一般職業訓練(Off-JT)または、有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6ヶ月の職業訓練)を行った場合に助成します。

【支給額】
1訓練コースにつき以下の額を支給します(1年度1事業所当たりの支給限度額は500万円)。
  • ・Off-JT分の支給額
     賃金助成…1人1時間当たり 800円(500円)
     経費助成…1人当たり 20万円(15万円)を上限
  • ・OJT分の支給額
     実施助成…1人1時間当たり 700円(700円)
※1 1人あたりのOff-JTの賃金助成時間数は1コースにつき、1200時間を限度とします。
※2 1人あたりのOJTの実施助成時間数は1コースにつき、680時間を限度とします。
※大企業の場合、()内の金額が適用される。

【人材育成コースの対象となるOff-JTの経費】
  • ・事業外訓練(事業主以外の者が企画し主催するもの)
    受講に際して必要となる入学料、受講料、教科書代など
  • ・事業内訓練(事業主が企画し主催するもの)
  1. 1 外部講師(社外の者に限る)の謝金・手当
  2. 2 施設・設備の借上料
  3. 3 学科または実技の訓練に必要な教科書などの購入または作成費

【対象となる訓練】
  • ・一般職業訓練(Off-JTであって1コース当たりの訓練時間数が20時間以上であること)
  • ・有期実習型訓練
  1. 1 企業でのOJTと教育訓練機関等で行われるOff-JTを効果的に組み合わせて実施する訓練であること。
  2. 2 実施機関が3ヶ月以上6ヶ月以下であること。
  3. 3 総訓練時間が6ヶ月当たりの時間数に換算して425時間以上であること。
  4. 4 総訓練時間に占めるOJTの割合が1割以上9割以下であること。
  5. 5 訓練修了後にジョブ・カード様式4(評価シート)により職業能力の評価を実施すること。

以上が「キャリアアップ助成金 (2)人材育成コース」の概要等です。
ここで御紹介させていただいたほかにも助成金・奨励金申請上の詳細な要件が御座いますので、実際に申請される場合は御注意下さい。ご質問・ご相談お待ちしています。