知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『LINE【田端信太郎さん】と未来と。』
2014.10.03 Fri
『LINE【田端信太郎さん】と未来と。』
みなさん、こんにちは。
BirekiMagazine編集部 石渡です。
この度、10月よりPOOLMAGAZINEさんと連携させて頂くこととなりました。
まずは簡単な連動から始めさせて頂きます。
当初、双方で最新記事のニュース配信的な、
ライトな提携から始める予定だったのですが、
それではあまり意味がないのでは?
ということで、まずはPOOLMAGAZINEさんの記事に対して、
私が感想を書かせて頂きながら相互連携していくこととなりました。

今後、色々と発展させていきたいと思っています。
BirekiMagazine読者のみなさまも、よろしくお願いします。



今回、ピックアップさせて頂く記事は、
air/ LOVEST SN.Div.Manager air&LOVEST木村直人さんの
『LINE【田端信太郎さん】と未来と。』
です。

田端さんは、
99年、NTTデータに入社、01年、リクルートに転職。『R25』の前身プロジェクターを立ち上げ、その後、05年にライブドアに入社。ライブドアニュースを統括。ライブドア事件後には「BLOGOS」「MarketHack」「Techwave」などの新規メディアを立ち上げられました。10年からコンデナストへ転職され、『VOGUE』『GQ JAPAN』『WIRED』のウェブサイト、デジタルマガジンを担当されました。現在はLINE株式会社 上級執行役員をされています。

オールドメディアとニューメディアの双方で、トップランナーとしてビジネスを創り上げるという珍しい経歴をお持ちの方。
今回は対談の模様が紹介されています。詳しくは業界誌『プレッピー』さんに掲載されるそうなので、お待ちください。

この記事を読んでいてポイントになるのは2点。
ひとつは、「違う世界の人とコミュニケーションが取れるかどうか」という点。
ITのことはからっきし……。なんて言うのは意味がないことです。相手のことを知りたいと思えば、相手が住む世界のことも勉強するでしょうし、「知ることの価値」というのは経験した人にしか分からない財産です。食わず嫌いってこういうことを言うのではないでしょうか。もったいない。

もうひとつは、「結局、人に戻ってくる」ということ。
どれだけITに詳しくても、それらはツールでしかなく、例えばビジネスで広がり、成功を収めるには人間力が求められているということ。少し前は、ただテクニカルなことを知っていれば、ある種の成功を手中に収めることはできたかもしれません。しかし今は、リアルなコミュニケーション能力や見識、予見なども含めて、人間性ってものが試されているのだと思います。

木村さんのブログを読んでいて、強く感じるのは、この2点を体現しているということ。
それはしっかり美容師をやっていることがベースにあるのでしょう。

ということで、「木村さんってすげぇなぁ」と思うだけでなく、自分でもできることだ、と思って読んでみてください。





poolmag

美容業界誌「プレッピー」にて…

「LINE上級執行役員 田端信太郎さん」と対談させていただきました。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4799315250/ref=redir_mdp_mobile/376-3171638-7605239
(田端さんの著書と共に。なんと5万部突破だそう。僕も読了しました。)


終わりに…


POOLMAGAZINEで続きを読む……