2017.06.01

「AIに対抗するために人間がすべき唯一のコト」

このまま人類はAIに敗れ去ってしまうのか!?


囲碁や将棋の世界では「AI vs 人間」なんてのが盛り上がってます。
最近ではAIが勝利することが多いようです。


冷静に考えれば、「そうだろ」なんて思ってしまいますが、
AIの思いもよらない手を繰り出すことに、
喜びを感じている人類代表の”騎士”も多いようです。


さてAI=人工知能は、今後、もっと発達していきます。
2045年に「シンギュラリティ」が起こると予測する人もいます。






シンギュラリティとは、
人工知能が人間の知能を超える瞬間を指します。

ではこのまま人間は不要なものとなっていくのでしょうか。

人工知能が人類を超えた、そのあと…



人工知能が人間の仕事を奪っていく、と考える人がいます。
それと同様に、
人工知能が人間の代わりに働いてくれる、
と考える人たちもいます。


ものは考えようなのですね。

AIと人間の付き合い方は二極化する



さて、今後のAIと人間の関係性についてです。



今後は凄い速度でAI化が進み、
あらゆるモノに人工知能が埋め込まれるようになります。


そのとき人間はどうすればいいのか。


人間は、もっと人間らしくあるべきなのだと思います。

人間の身の回りのことの自動化(AI化)が進む一方、
より人間らしくあることが求められる二極化の時代。

作られたものへのアンチテーゼ


SNSの発達とインフラ化によって

「嘘がつけない時代」

になりました。


SNSで発信力のある人たちは、人間らしい人たち。
(良い意味で)

人の心を打てる人たちであり、
「なるほど!」
なんて膝を打っちゃうような発疹ができる人たち。


そんな時代になってきたら、
コンピューターに詳しくある必要性がなくなります。


もっともっと、
人の心に寄り添える人たちが社会に認められるようになる。


俗に言うマーケティング4.0などはその現れなのかもしれません。


ですから、今すべきことは、
人間としてのインプットであって、
リアルに体験、経験、体感する場を作ること。

そんな人として生々しいことなのかもしれません。


この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。