2017.07.24

「目前の仕事に集中することと、それしか見えないことの決定的な違い。」



遠くまで見通せる視野を維持すること



目の前のことしか見えなくなる



ある方のインタビュー記事に

こんなことが書いてありました。


人はときが経つにつれてスコープが短くなる。

最初は

“こんな風になりたい!”

と思っていても、

だんだんと距離感が近くなって、

2-3年後のこと、

来年のこと、

来月のこと、


そして、、、

目の前のレポート1枚にまで近くなる。


もし上に立つなら、

そのスコープを長く持つ意識が必要だ




ざっくり言うと、

こんな感じでした。


確かに人は、

歳を重ねるにつれて、

長期的な視野を失いがちです。



仕事ができるようになって、

忙しくなるほど、

目の前のことに集中しがち。


仕事として目の前のことをしっかりやりきるのは大切です。


視野は仕事にも影響する



しかし、

視野としては短く狭すぎる、

ということだと思います。





目の前のお客さんの髪の毛だけを見ているのではなく、

背景や3年後、、

そんなことまで視野として見ることができるか。


つねに意識のなかに置き続ける



目の前の商品を売ることだけではなくて、

5年後まで視界を広めることができるか。

意識を持つことと行動すること。



意識を持つ=視野を広く


行動すること=目の前に集中すること



このように分割して考えれば良いのかな、と思います。



そして、この意識は、

何をするにも大切なことだと思います。








この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。