2018.01.24

『意識はいつか遠くなり、動かなくなるから』

意識させられることが多すぎる

“意識していこう!”

なんてお題目が語られることがある。

たしかに意識することで行動は変わるのだと思う。私にも、意識したことで大きく変わることができた経験もある。

しかし、日々の業務を“意識”だけで変えることができたら、こんなに苦労することはない。

日々の業務方針などの書類などに、この“意識しよう”という言葉が乱発されすぎるのだ。

見えなくなったら、違う方向からアプローチ

そんなときは、反転してみることだ。

意識して行動するのではなく、行動するから意識するようになる、という風に。

朝礼で、同じことを毎日復唱させられるのは、行動から意識に刷り込ませるためだ。

そして、その意識が行動に乗り移るためには、つねに「なのんためにやってるの?」と誰かが問いかけるか、己に問いかけるしかない。

行動することが目的じゃない

行動していると、行動することが目的化してしまい、行動していればよい、となってしまう。

こうなると改善はなくなる。つねに、「なんのためにやっているなか」という“意識”をリンクさせること。

意外と忘れてしまいがちな目的意識を誰かが思い出させること。

つねに意識させられる環境つくり

優れたリーダーは、つねに目的意識を持たせる。

優れたマネージャーは、つねに行動できる環境を作る。

チームとは意識統一と行動管理にて成功へと向かうと思う。

意識の紐付かない行動は惰性になり、速度が落ちて、思う方向へ向かわなくなる。

私も含めて、今一度、意識と行動の関係性を見直してみるとよいかもしれない。

美歴の機能について!

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。