「スタッフのお客様」から選択したお客様の「削除」がエラーになるケースとエラーにならないケース

「スタッフのお客様」に表示されるお客様について


「スタッフのお客様」タブには、同じ店舗に所属しているスタッフが登録、またはカルテ作成をしたことのあるお客様が表示されます。





もし、自分自身もカルテ作成などをしたことのあるお客様であれば、「お客様」リストにも「スタッフのお客様」リストにも両方表示されることになります。

※なお、この機能は「美歴 店舗管理サービス」をご利用いただいている場合のみご活用いただけます。

「スタッフのお客様」から選択したお客様の「削除」がエラーになるケースとエラーにならないケース


例えば、誤って同じお客様を複数登録してしまった場合には、片方のお客様をリストから削除したいケースが出てくると思います。

「スタッフのお客様」リストから削除したいお客様を選択し、





「編集」から「削除」を選択すると、














↓こんな感じでエラーが出る場合があります。





これは、「自分が関与していない(お客様登録やカルテ作成をしたことがなく、自分の”お客様”リストに表示されていない)」お客様である場合に出るエラーです。

他の人が担当しているお客様を誤って削除してしまった、ということがないようになっています。

一方、「スタッフのお客様」リストから選択したお客様であっても、エラーが出ない場合もあります。





これは、削除者ご自身も担当しているお客様であるケースです。
「スタッフのお客様」から削除はされませんが、「お客様」からは削除されます。
つまり、自分の担当からは外れた状態になる、という風にご理解いただればと思います。



サロンでのカルテ運用をスムーズかつ、より有効なものにする「美歴店舗管理サービス」にご関心のある方は、下記の相談フォームからお気軽にお問い合わせください!

美歴相談フォームへ