企業単位(ブランド単位)で美歴の「ポイント管理機能」を活用する方法

事前準備

美歴のポイント管理機能を企業単位やブランド単位の共通ポイントとして運用する場合、弊社側で設定が必要です。

ご希望の際は、弊社に設定依頼をして下さい。1営業日程度で設定が完了いたします。

運用イメージ


運用面で特別なことはありません。

実際の画面で見ていきましょう。

まずは、店舗の管理画面です。





このように、企業単位でのポイント管理にしている場合、1人のお客様に対して、同じ企業内店舗のポイント履歴が表示されます。
「合計ポイント」は、企業全体のポイントが表示されます。


続いて、お客様のアプリです。

複数の店舗に通っているお客様のケースです。
上記の店舗管理画面にある通り「パイプドビッツ」と「美歴サロン」が企業単位のポイント管理をしています。それ以外の店舗は関係のない店舗です。

それぞれの店舗を選択して、ポイントを表示すると、







↑こちらは同じ企業↓




↓こちらは別の企業店舗



このように、同じ企業である2店舗は同じポイントが、それ以外の店舗は別のポイントしっかりと表示されています。

「美歴サロン」でポイントを使用してみると









企業全体のポイントから使用されていることがわかります。

ポイント管理は、「店舗管理サービス」の利用が必要です。
また、企業単位で運用したい場合、ポイント管理する全ての店舗で「店舗管理サービス」の利用が必要になります。

ご興味ある方は、下記からお気軽にお問い合わせください!


美歴相談フォームへ