2016.10.03

美歴でカルテ共有している場合としていない場合の再来技術単価差、1,140円。

先月、当サポートサイトで、カルテ共有の有無による2カ月以内再来率が11%ほどあることを紹介させていただきました。

今月は、「単価」についてのデータをご紹介いたします。

7月から9月までの2カ月間で2回以上カルテが登録されたお客様(つまり再来されたお客様)の技術単価について、美歴カルテを共有している場合と、していない場合の差を算出してみました。

結果はこちらです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-00-48-58



美歴カルテを送信していないお客様と、共有できているお客様で、平均1,140円の差がありました。

一人当たりの平均なので、かなり大きい差が出ています。

要因はもちろん美歴だけのものではないと思いますが、ただ、ご利用いただいている美容師さんに直接話を聞いてみると、

・次回の提案を、カルテで共有していることで、お客様は来店前に前回のカルテをチェックし、こちらが言わなくても、お客様から追加メニューの相談をしていただくケースが出てきた。

・次回来店までの間に、美歴のメッセージなどを通じて新たな髪のお悩み相談をいただき、次回の新たな提案機会を作ることができるようになった。

といった変化が出ているとのことです。
こういったことが、お客様への新たな付加価値提供機会を作り出すことができ、結果として”単価”に反映されてきていると言えるのだと思います。

今後も美歴は、カルテ共有を通じて、”お客様の来店していない、2カ月、3カ月の間”に、新たな付加価値を提供できるような場として活用いただける機能の追加や改善を進めてまいります!

記事筆者:

この記事を書いた人
藤波裕樹
美容師さんの皆さんがお客様と一緒に、”美”の歴史を楽しく安全に蓄積、活用できる環境を作っていきます。