あらかじめアプリをインストールしていただいたお客様とのカルテ共有

美歴アプリは、「あらかじめお客様にアプリをインストールしていただかなくてもカルテを送ることができる」という機能があるのが特徴の一つです。

SMSやSNSなどを使ってカルテを送って、その後にアプリをインストール、登録いただければ、最初からアプリにカルテが届いている状態が作れます。

関連記事
美歴カルテ送信のキホン。

逆に、カルテを送る前に、あらかじめお客様がアプリをインストールしてくださった場合どうすればよいの?という点について、今回ご紹介させていただきます。

美容師さん側のお客様情報登録状況によって、対応が2つに分かれます。

1.美容師さんがお客様の携帯番号を入力できているケース

カルテを送る前にあらかじめお客様が美歴アプリをインストール済み、かつ美容師さんがそのお客様情報を携帯番号有りで登録済みのケースです。

この状態で、お客様のカルテを作成、完了した時の画面が以下になります。





このように、美歴アプリの「メッセージ」でカルテを送ることができますので、これを選択しましょう。
注意事項としては、お客様が登録した携帯番号と、美容師さん側で登録した携帯番号が必ず一致していることです。
一致していなければ、同一人物として認識されず、送ることができません。

2.美容師さんがお客様の携帯番号を入力できていないケース

このケースでは、そのままの状態だとお客様にカルテを送ることはできません。LINEやFacebookなどのSNSを使って送っても、お客様の情報がうまく紐づかない状況になります。

そこで必要となるのが、「招待コード」です。
お客様リストの「招待コード表示」ボタンをタップし、そのコードをお客様にお伝えください。









お客様には、下記の画面でその招待コードを登録していただきます。












それが完了した上で、カルテを作成すると、このように「メッセージで送る」を選択することができるようになります。





最近では、あらかじめお客様に美歴アプリをインストールしていただいているサロン様も増えてきています。
ぜひ、上記の点を確認いただき、美歴を使ったお客様とのコミュニケーションにどんどんチャレンジしてみてください!

記事筆者: