2018.02.06

『Smart Salonは現実的ではないのか?』ってね。

|スマート○○が求められている

 

ここ数年の、世界のトレンドはSmart化だ。

 

「スマート○○のような

全自動的なサービスが

多くリリースされている。

 

自動車を月定額でレンタルできる、

など循環型社会を目指している現代、

スマートにモノゴトを進めることが

重要な要素になっている。

 

 

|国家事業として認められている

 

経済産業省ですら

「スマートICT」など、

スマート化を叫んでいる。

 

 

スマートとは、

”賢い”とか”気が利く”などの

意味を指しているが、

 

ITでは、

「コンピュータ化された」

「高度な情報処理能力が加わった」

ということを指す。

 

 

 

| Amazonのリアル店舗参入で何が起こる?

 

Amazonが打ち出している

リアル店舗も、

(店員がいなくて、レジもないお店)

スマートコンビニと言えるかもしれない。

 

 

では、美容室はどうだろうか。

コンピュータ化された、

高度な情報処理能力が加わった

美容室。

 

 

 

|私はサロンをスマート化したい

 

入店から退店まで、

物理的な作業、

例えば名前を聞いて予約台帳を広げる、

現金を出す、お釣りをもらう、

メンバーズカードにハンコ、、、

などの物理的な作業がなくなり、

すべてデジタル化されること。

なんなら電話応対もいらない。

 

 

そんなスマート美容室は現実的なのか。

 

 

50代以上の世代は、

まだまだ物理的な確認を欲しがるだろう。

しかし、

40代以下の世代では、

そのようなことを鬱陶しいと

感じる人たちも出てくるはずだ。

 

 

 

|ニーズが市場を大きく変革する

 

実際のところ、

電車だって、飲食店だって、

ありとあらゆるものが電子化され、

スマートに処理されている。

美容室業だけが、

これまで通りの物理作業で

対応できる時代ではない。

 

 

もちろん、そのためには、

サービス側のイノベーションも

必要になってくる。

 

 

そして、

もっと重要なのは、

利用者(美容室)が、

意識的にスマート化していくことだ。

ニーズがなければサービスは生まれない。

 

いかにニーズと、

提供者が先進的になっていくか。

この意識のイノベーションが

求められている。

 

最新の電子カルテはこちら!

 

美歴の機能について!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。