2018.03.15

『【美歴】自動的に料金が上下するシステムなんていかがでしょ?』質問です(笑

最新の電子カルテはこちら!

 

美歴の機能について!

 

 

|こんなに価格が上下していいの?

 

私は出張が多い。

 

日帰りもあるが、

多くの場合は泊まりだ。

 

ここ数年の悩みは、

長時間の移動で、

身体が痛いこと……

 

年齢を重ねるのも、

楽ではない。

 

 

 

あ、じゃなくて、

ホテルの予約が

取りにくいこと。

 

 

そして、

手頃だった宿泊料も、

高騰していることだ。

 

 

外国人観光客が増えて、

ホテルの空き部屋の取り合いだ。

 

 

平日7,000円程度の部屋が、

週末にもなれば、

1万円を超えることもある。

 

これは航空券も同じだ。

 

 

 

|ホテルや航空券は特殊なの?

 

 

曜日や混雑具合によって

価格が変動するのは、

よくあることだ。

 

 

こんな時代を前提として、

以前からの持論なのだが、

価格変動と同じことを、

美容室でも採用したらいい、

と思っている。

 

 

 

|役職によって価格が変わるのは美容室だけ?

 

 

トップスタイリストとか、

ディレクターとか、

肩書きで料金が変動するのは、

なかなか納得感が薄い。

 

 

それならば、

週末や混雑具合で、

席料が変動する方が、

納得がいく。

 

 

個人的に。

 

 

 

その代わり、

平日は席料がさがり、

料金がお得になる。

 

 

|週末にサービスを受けるのは、特別

 

 

私が女性であれば、

(きっと性格が悪いので)

 

 

カット+カラー+トリートメント

の私と、

 

 

リタッチだけ

の人

 

 

が、週末の忙しい時に、

同程度の扱いだなんて!

と思うかも(笑)。

 

 

少し値段があがっても、

時間がとれる週末に行きたい。

(個人的な意見として)

 

 

 

|自動的に席料を換算してくれれば……

 

 

という仮説のもと、

こんな機能を検討している。

 

 

オートマチック・チャージ・システム

 

 

勝手に名付けたうえに、

勝手に実装しようとしているのだが、

(いつものように社内のコンセンサスはとってない!)

 

 

お店が空いているときは、

席料が自動的に下がって、

週末などの

予約が混雑しているときは、

席料がアップする。

 

 

 

|席の利用・価値、利用効率を高めるために

 

 

週末だけのほうがいいのか、、

それとも予約状況によって

変動した方がいいのか。

 

 

これも仮説なのだが、

このように混雑時に価格が高くなれば、

安い時間を選択してくれるのではないだろうか。

もしくは早割とか、早めに予約してくれた場合は価格がお手頃になる、とか。

 

 

 

|技術の値段を上下するより、席料で上下

 

 

もう、技術の割引はしたくない。

 

 

であれば、席料で割引をさせるようにしたらいいのではないだろうか。

 

 

それを料金設定でやるのは現実的ではない。

アプリやWebサービスを活用すれば、

それも無理ではない。

 

 

なんて、見たい未来の一部を考えている。

さてさて、この仮説、

どうでしょう?

 

 

最新の電子カルテはこちら!

 

 

美歴の機能について!

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。