2018.01.28

『星屑のなかを雑念ワゴンで、ひとりっきり〜潜入捜査、絶体絶命の危機〜』

 

|緊急事態は突然、発生するもの

 

ラブホ特集のリサーチのため、

地下鉄とJRを乗り換えて、

一路、新宿へと向かう。

 

前回参照

『星屑のなかを雑念ワゴンで、ひとりっきり~備えあれば憂いなし~』

 

 

JR新宿駅で降り、

スタジオアルタを右目に見ながら、

歌舞伎町へと足を向ける。

 

 

|前後復興が生み出した東洋一の歓楽街

 

この街の誕生は、

第二次世界大戦の復興にまでさかのぼる。

 

1948年に歌舞伎町という区画として生まれた。

1951年には戦災復興土地区割整理地区として

指定される。

風俗業関係の規制地域外となったことで

一気に繁華街へと変貌して行く。

 

 

歌舞伎町という街は今も昔も雑然とした街だ。

 

様相が変わったのは、

この街を構成する人の中心が

日本人からアジア人、

特に中国人に取って代わったことだ。

 

今から20年前の歌舞伎町から新大久保近辺は、

今よりもっと雑多な街だった。

 

当時はゴジラもいなかったし、

今みたいな華やかな、

若い女性たちが楽しげに闊歩する、

コリアンタウンもなかった。

 

 

|雑多な人種のるつぼには想いが交錯する

 

JR新宿駅で降りて、

コマ劇場へと向かう。

 

午前中だと言うのに、

まだ飲み屋帰りの若者たち、

そしてホストとキャバクラ嬢らしき

カップルが盛り上がっている。

 

私は右手にビデオカメラ握りしめ、

その喧噪をやり過ごして行った。

ビデオの取っ手が汗で湿ってくるのがわかった。

 

 

|ラブホ街に潜入すると空気が変わる

 

大久保病院を過ぎたあたりから

一気に人並みが減っていく。

 

そして大きなラブホテルが立ち並ぶ。

バッティングセンターを中心とした

半径500mあたりが特に集中している。

 

 

私は、

 

パキーン

パキーン

 

という金属バットが

白球を打ち返す音を

遠くに聞きながら、

呼吸を整えた。

 

高校球児として生きた数年前。

青く汗にまみれたあのころと、

ラブホという、

ピンクに染まった建物との、

その奇妙なコントラストに、

20代そこそこの、

微妙な立ち位置を、

感じざるをえなかった。

 

そして私は、

ノールックで赤いボタンを押した。

 

 

ホテルの看板、

外観全体が映るように

レンズを斜め上に向けながら、

歩いた。

 

 

|何を撮るかはわかっていたが、しかし……

 

もう撮ることに必死だった。

しかし、

記者魂というのだろうか、

今後、ホテルを取材したとき、

どんなことを強み、

ウリとして紹介すべきなのか。

自然と考えていた。

 

 

そこでふと気づく。

みんなどんな基準で

ラブホを選ぶのだろうか。

 

 

清潔さ?

豪華さ?

値段?

 

 

そもそも、

俺は何をポイントとして選ぶのかなぁ……

そんなことをボーッと考えていた。

 

 

 

 

 

グググッ!!

 

 

ん??

何かに腕が引っ張られた。

 

 

なんだ?

 

 

何も想像できない。

 

 

 

ん?

 

誰?

 

 

知らない男性が俺の腕を引っ張っている。

 

 

 

誰?

 

 

 

 

|リサーチ現場は、一気に修羅場へと変貌する

 

「おい、兄ちゃん、何やってるんだ?」

 

 

あっ!!!!

これ、ヤバいやつ!!

 

 

 

気づいたときには遅かった。

懐からワルサーPPK(名刺ボックス)を

取り出す隙もなかった。

 

 

いや、

想定では逃げてから落とすんだから、

もう遅いだろ。

 

 

 

え、あ、ええ、ああああ

 

 

 

 

頭の中が真っ白になるというが、

あれは嘘だ。

本当に焦ったときは、

頭の中が透明になる。

頭の中には

目の前の景色しかなくなる。

思考停止。

 

 

 

 

|思考停止すると何もできなくなる、当然

 

思考は停止しても、

身体は肉体として反応している不思議。

 

 

身体中がこわばる、

背中を汗が垂れていく、

足の筋肉が立っていることに限界を訴える。

 

 

 

「なにやってるんだ?って聞いてるんだけどさ」

 

 

 

は、、はい、、、え、えええええと、、、

 

 

 

何も返答ができない。

 

 

これは想定外だ。

いや、

よく考えれば、

想定しておくべき事態だったはずだ。

 

もっともありうる事態じゃないか。

 

 

声をかけられて即座に逃げたらおかしいだろ。

逃げ切れる距離じゃないだろ。

名刺を取り出すなんて、

そんな余裕ないだろ。

 

 

 

しかし、そんなことを考えている場合じゃない。

 

 

 

「兄ちゃん、そのビデオカメラ……」

 

 

ひぃい!

 

 

 

ビクッとなる。

手からビデオカメラが落ちそうになる。

 

 

「ちょっと来て」

 

 

え??

ど、どこへ??

 

 

 

|絶体絶命の事態に俺はどうするのか

 

俺の腕を引っ張る、

その大きな掌は、

分厚かった父のものとも違い、

温かかった母のものとも違い、

とてもゴツゴツしていて、

愛情のない力がこもっていた。

 

 

 

彼に引っ張られるまま、

私はホテル街を外れた、

小汚い雑居ビルへと連行された。

 

 

 

ボンド、絶体絶命。

笑えない。

 

 

つづく。

※ワルサーPPFはジェームズ・ボンドが愛用した銃。

 

 

↓最新の電子カルテはこちら!↓

美歴の機能について!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
石渡武臣
美容室業に求められている新しいビジネスの可能性を”デジタル化”を武器として、支援していきます。業界に”今までなかった”を”あって良かった”に変えていく。ぜひ、ご期待ください。